海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然保護協会の発言は見苦しい

<<   作成日時 : 2013/01/10 22:09   >>

驚いた ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

お前らは壊れたレコードか。


http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/2012/12/post-58.html
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/futenma/houkoku/01.pdf


1.環境影響評価のプロセスの問題
>有識者研究会では、公開の場での傍聴や完全な議事録の公開、沖縄県民の意見を聞く機会を設けることなど、公開性が重要な要件である環境影響評価の手続きに大きな問題を残したまま最終報告が出されたことは極めて遺憾である。


 自分の意見が通らないからと文句をいうだけの極めて卑劣な意見である。「補正に関して科学的・専門的観点から討議を行い、防衛大臣に助言する」のが目的の研究会であり、準備書や評価書段階の住民向け説明会ではない。8回目の議事要旨で「知事意見において、事業実施に当たって、環境保全措置や事後調査等の検討委員会を適宜設置し、環境の保全を図っていく必要があることについては、会議を公開して進めるべきである。」「 提言資料については、修文されたものを提示するとともに、研究会において評価書をどのように加筆修正したかの状況も非常に重要なアウトプットであるという見地から、電子版、ウェブ版などを用いて、加筆修正された箇所についても公開すべきである。」とわざわざ記載されているではないか。そもそも中立性を保っていない自然保護協会が四の五の発言するのはお門違いも甚だしい。恥を知れ。

2.全般について
>予測不能な要素を多々含む自然環境が対象であるのに「対応が不可能なもの」や「影響が不明のもの」が出て来ないのは不自然である。


 現在の日本の環境影響評価法の基本的事項では、「影響の回避、低減、代償を(この優先順位で)実行可能な範囲で行う」とある。実行不可能な事を一々あげつらっても何も出来ない。「影響は軽微である」とよく書いてあるが、法では「事業の重要性と比較する」という書き方ではない(今度の配慮書ではゼロオプションの考え方はあるけど)。環境影響評価自体で事業が止まるということは、事業者があきらめない限りはない。それとも自然保護協会は自分たちが満足するまで調査する費用を捻出するのか(自然保護協会の「自己満足」のために「税金を使う」のは納税者として一切認めない)。また調査をやり直したからといって、よい評価になるとは限らない。すでに影響があるとした項目は数多く、その保全措置が実際にできるかどうかが重要である。どうしても影響があるなら「影響が残る」と素直に書けば良い。事業者の事業を妨害する権利は自然保護協会にはない。無い項目を勝手に増やすな。

3.科学性に欠け、論理性を欠いている
>本文及び別添において、科学的・論理的に問題がある部分が多い。


 報告書では、「本事業により消失する海草藻場の面積は78ha」(沖縄島周辺の海草藻場(1,282ha)の約6%に相当)と予測し、「事業実施による環境収容力の低下に伴う絶滅リスクの変化の程度を予測」しており、(サンゴの部分に)「基本的には、その消失面積に相当する海草藻場を移植等によって代償されることが望ましく、具体的には、移植等による現状の生育区域周辺への海草藻場の拡大等のほか、海草藻場の新たな造成及び移植についても検討することが望ましい」と記しているのに自然保護協会の上記発言は不適切である。科学的・論理的に問題がある部分が多いのは自然保護協会の側だろう。「手植え移植と機械移植が行われたものの、いずれも失敗に終わっている」のは手法の問題もあると自ら認めているでは無いか。自然保護協会は自説の保持のために事実を曲げてはならない。

【おわりに】
>時と場合によりけりで、「与えられた条件」が作為的で誤りである場合には、その考察自体が疑わしいものとなる。これでは科学者の社会的責任を果たせないことを自覚していただきたい。


 大きなお世話である。各委員は「補正前提で技術的助言をするのみ」という条件で引き受けているのだから、科学者の社会的責任云々とは別の問題である。ならば自然保護協会は安全保障における社会的責任をどのように果たしているのか説明していただきたい。「沖縄県知事意見や日本自然保護協会、沖縄・生物多様性市民ネットワーク、沖縄ジュゴンアセス監視団など市民や市民団体が出してきた意見の多くが反映されていない。」というのは自然保護協会の主張が外野の勝手な主張に過ぎないし、対案を示さずに文句だけいうから相手にされないのだ。そこまで文句を言いたいのなら有事における辺野古と普天間が無い状態での沖縄の防衛と住民避難(嘉手納と那覇は防空戦闘中なので民間機の運航が出来ない。普天間にしか輸送機は下ろせない)をどうするのか聞きたいものだ(どうせ「そんな事態は起こりえない」とかくだらん言い訳しかしないだろうけど)。

 ・・・文句言うだけの連中って気楽で良いね。自然保護協会こそ少しは自覚したら?恥の概念が無いから無理だろうけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自然保護協会の発言は見苦しい 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる