海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 星野監督は黙れ

<<   作成日時 : 2012/12/12 06:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 こういう発言が野球をダメにする。


>「日本球界に行くんなら、ウチも指名しとった。彼の将来は本人が決めることだけど、ちょっと大きな問題になる。これをやったんであれば、ドラフトの意味がない」 

 何を逆ギレしているんだ。実に見苦しい。指名を降りた球団がとやかく言うべき問題ではない。日ハムは事前に「強行指名」を断言していたのだから、ウエーバー制の問題じゃない。地元楽天こそリスクを冒して指名すべきなのに、リスクを負う度胸が無かっただけだ。ドラフトは「独占交渉権」を得るだけであって、日ハムはドラ1を獲得できないリスクと将来の起用法に対するリスクを負った。しかも2年連続でだ。今年は日ハムが真摯で誠実な交渉をした企業努力の結果だ。楽天には大谷君の心を動かすような育成プランがあるとは思えないが、そこは現行ドラフト制度とは別問題だ。むしろ菅野や、沢村らのケースみたいな交渉権がまるで意味をなさない前例のおかげで他球団は指名回避したのだ。星野監督だって菅野を指名するとか言ってた癖にしなかったのに今更何を言っているんだ。「藤浪よりも、大谷よりも、森いいぞ〜」と言えるように森投手を育てればよいだろ。東北の野球しか知らない田舎者の親子すら魅了できなくてどうする。それともあの時点ですでに森指名に決まっていたのか?だったら路線再転換する時間的余裕はあったと思うが。MLBの各球団はドラフトよりも前に大谷君と面談している。それを経てのMLB志望会見があったのだから、密約の有無にかかわらず、できないのは自分の球団のせいだ。魅力がないのを棚上げして渡米した人間に重い枷を課す現行のルールには反対である。日本も一企業として親会社から独立して採算を取れるようにしないと駄目だと思う。

 何で若い素材がMLB挑戦で結果が出ない場合に3年間NPBで野球が出来ないリスクを負ってまでMLBに行きたがるのか、何で日ハムが入団にこぎつけられたのかを考えるべきだし、ひがむ前に「育成方針」を各球団は見直したらどうか。日ハムは今回の資料もそうだけど、説得するよりもどうやったら大谷君の夢を叶えてあげられるか?真剣に相談に乗った由。「制度」に抜け道があったから 日ハム入団の運びになったのではなく、日ハムの対応に誠意を感じたから入団に到ったのだ。今後、意中の球団に行くための抜け道として、「事前にメジャー挑戦を表明し、土壇場で意中の国内球団に決めるケースが増えるのではないか」という意見があるけど、実際にはそうはならないと思う。交渉する両者が「最終的にMLBに行って活躍する」という目的を共有できたことで、双方の戦略的譲歩が叶い、事が成立したからだ。老害のようにMLBなんか成功するのは一握りだとか頭ごなしに否定せず、夢はいいよねと「相手を肯定」。でも、そこで活躍するためには資金や育成や法的なマネージメントをどうクリアするの?と現実を喚起させて「不安を誘導」。その上で、日本ハムなら君を応援するよと連帯を呼び掛けて、「その代り」数年働いてくれとクロージング。実にビジネスセオリー通りの畳み込み方、まして相手はまだ子どもだ。米国は日本とは食文化も違えば、言葉も違う。ましてや投手は野球で一番重要ポストなわけだから、誰も助けてくれんだろうし、言葉の壁に加えて考え方も感じ方も違うから、精神的に追い詰められて自滅するのがオチだ。

 今のリトルリーグとかは子供だけでなく親のサポートが必須なわけで、正直野球は出来るけど、それ以外のことは何もできない人間が多い。MLBに行けたらいいけど、もしマイナーリーグに落ちるなどすると洗濯もなにもかも自分でできるかといったら彼らは絶対できない。だから日本で数年でも身の回りのことも出来る人間になっていないと万が一落っこちた場合、そのまま這い上がって来られないように思うので、この時点でのこの選択は正しいように思う。むしろ日ハムはこれからだ。大谷君に「2足のわらじ」を約束したのだから責任は大きいし、ファンの期待も大きい。下手を打てばどちらも潰す可能性もある。投手と打者との二刀流は形は違えど、今までにもそういう選手はいた。2年連続20勝投手の斎藤、日ハムの糸井、いずれも野手→投手、投手→野手のコンバートで成功した選手だし、あのイチローでも高校時代は投手をやっていた。大谷選手を獲得する為に背番号11を用意したわけだから、投手としての素質を期待しているように思えるが、これは大谷選手の投手に対する思い入れが強いため、交渉の道具としてたまたま空いていた11番を提示しただけに思える。ちょっとだけ主観で言わせて貰うと、確かに160kmを記録しているが、大谷君のそれはプロなら打てると思う。球離れが早過ぎるから160kmに見えない。しかも160kmを記録した大会で予選敗退して甲子園出場は逃している。決して貧打だったわけでもなく、同年代の選手に打ち込まれての敗退であることから、素質は認めるものの投手適正に疑問符を投げかける専門家も少なくない。

 ・・・先輩の菊池雄星を潰した大久保コーチがいるのに嫌がらせを花巻東の佐々木監督にしているのは楽天ではないのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
星野監督は黙れ 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる