海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐々木監督のフル代表監督続投に反対する

<<   作成日時 : 2012/09/18 06:00   >>

かわいい ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

 女性監督希望。


 佐々木監督の実績は素晴らしいし、それ自体に異論はない。ただ、あまりに引っ張りすぎて、「佐々木監督じゃないと勝てない」「困った時は佐々木監督にお願いすれば良い」のような安易な状況になるのは好ましくない。。男子の岡田元監督のようになるのは真っ平だ。しかも代表のような戦時急造チームは、相手に研究されることも踏まえて、ある程度のスパンでチーム色を一新した方が上手くいく場合が多いと思う。シンクロの井村コーチのように長くコーチとして指導していて、井村コーチが辞めた途端にオプションを何も持っていなかった日本のシンクロは弱くなってしまった。米国でもスンダーゲ監督が退任し、母国スウェーデンの監督に就任している。佐々木監督の本音としては、そろそろ男子(大宮アルディージャ。ただし業務提携の形でなでしこLのエルフェン狭山も持っている)に復帰したいのではないか。断る可能性もかなり高いのではないかと思うし、本人の希望を考えるとあまり長期にわたって女子サッカーに引き留めるのも気の毒な感じがする。今回のオファーを受ける受けないは佐々木監督が選べば良いけど、今後も協会は誠意を見せ続けるしかない。一番厄介なのは、知り尽くした佐々木監督が他国の代表監督になることだ。

 ただ、「発言力の大きさ」と言う点では別格だ。日本の女子サッカーの現状改善と未来を第一に考えると、今こそ監督やスタッフ、そして選手の待遇改善をJFAに働きかける最大のチャンスであり、それにはJFAに対して「堂々と物を言える」監督が必要だ。他には上田女子強化委員長くらいしか見当たらない(大橋前監督は実績という面で不足)。組織に対して物を言うからにはそれなりの実績が必要だが、佐々木監督にはW杯優勝と五輪の銀メダルという空前絶後の実績がある。来るべき2015年のカナダW杯では、今回のU−20の選手たちが中心になる(そうならなければ、今後の継続的発展は難しい)と思われるので、なでしこもかなりメンバーが若返りするだろうから、また1からチームを作り直すことが必要になる。まだまだ粗削りの若い選手をグングン伸ばしながら今の宮間選手達との連携を深めるためには1回限りの奇策として本田ヘッドコーチを監督に昇格させ、佐々木監督には選手育成という点からU−16〜20の監督を再びお願いし、スペインで修行中の佐伯氏をヘッドコーチとしてつけて英才教育をお願いしたい。もし、次の監督がうまくいかない場合、W杯直前に再登板してもらうバックアッププランにもなるから、一旦やめて休んだほうがいいと思う。

 ・・・続投しないと先日INACを首になることが決定した某H監督が「クラブでの実績」を買われて代表監督になったりしそうで嫌だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐々木監督のフル代表監督続投に反対する 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる