海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 動物を使った番組や映画は一切禁止するべき

<<   作成日時 : 2012/09/17 00:06   >>

面白い ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 2

 違反したら即処罰。


 先日飼い主の失態で亡くなったZIPPEIにしても、今回引退を余儀なくされたパンくんにしても、全て人間の側の都合である。つくづく人間ほど自分勝手な動物はいない。確かに動物が色々な表情を見せると子供達にも動物の優しさとかが伝わるけど、基本的に動物は感情をコントロール出来るわけでもなく、ましてやチンパンジーは猛獣に分類される生物であり、繁殖期において過度なストレスを与えると非常に危険な状態になるのは動物医学的にも十分理解しているはずだ。以前宮沢氏の在籍していたフェニックスでは当時天才オランウータンと呼ばれていたサクラを7歳か8歳程度で引退させていた。ものすごく人気があったのに惜しまれながらの引退だった。今回と同じようにこれ以上の年齢になると、いつ何のきっかけで人を襲うか判らないからという理由だったはずだ。今回の現場であるカドリードミニオンが10歳にもなるパンくんに対してもっと早くに引退の決断を下せなかったのは何故かを明らかにする必要はあるだろう。チンパンジーであればなおさら早期引退について決断するべきだったのではないだろうか?おそらくカドリードミニオンやTV関係者も最悪のタイミングだと思っているはずだと思うが、引退のタイミングが遅すぎただけで、これは必然であったと思う。その意味でパン君に罪はないし、むしろ人間の側の責任問題であると考える(何年も前から行政指導や霊長類の研究団体から芸をやめさせるように言われていたのにひたすら無視し続けた上に、日本動物園水族館協会から退会勧告を受けたら同協会を自主脱退しているというかなり悪質な動物園)。

 野生を捨てきるのは無理だし、人間の都合で改変は出来ない。例えば、庭先に芝生があると人間は自然があると考える。しかし、芝生というのは生物の住む環境で言うと砂漠の次に劣悪なものである。なぜならばそこには生態系が存在しないからだ。豊かな自然とは、その中には菌もいるし虫もいれば、カエルや蛇、さらには豹や熊などの猛獣もいて、バランスが取れているし、間違っても人間相手に芸をする猿など存在しない。視聴率目当てにその事実を歪曲して伝えたところで、偏見を植え付ける以外に一体何の益があると言うのか。それに夢中になる視聴者にいたっては、いい面の皮だ。他人の性格すら変える事が厳しいと言うのに、理性より本能が勝る者達に何かをさせようなんてのがそもそもおかしいだろう。別にスタジオに動物を毎回連れてくる必要などなく、番組がアフリカなどで取材し、動物の生の生態を追う番組で良いではないか。別に自分は某愛護団体ではないが、動物園自体もそこで生活をさせられている動物だって少なからずストレスを感じている個体だって居るはずだ。ソレをちゃんと理解した上で、大人が子供たちに動物の生態を教えてあげるというのが本来の役割ではないのか。人を噛んでもチンパンジーがそれが本来の姿なら罪はないと思うし、研修生でも素人よりはチンパンジーの凶暴性も分かってた上で、この仕事を選んだと思うから、気の毒でも仕方ないと思う。危険な仕事は他にもあるし、危険な仕事だと言う覚悟がないなら、別の仕事を選ぶことも出来る。

 動物が人間にしっぺ返しをしたならそれも本来の姿だが、なぜ、それを見せないのか?食べもしない魚の喉に針を食い込ませてもがき苦しむ感触を楽しむスポーツフィッシング、速く走るために異常に細い脚の奇形馬に改造され、脚の骨を折ったら生きていけないから殺処分される競走馬を鞭で叩いて走らせる競馬、同じく激痛の走る鞭で調教し、恐怖心を利用して動物に芸を覚えさせるサーカス、広大な海でのんびり過ごしていた海洋生物を拉致して狭い水槽に閉じ込めて見て楽しむ水族館、かような人間がスポーツやファッションのためなら動物の命をいとも簡単に殺すのだ。日本のTV局にモラルを問うても無駄だろうけど、こういう目先の視聴率だけの似非番組はいい加減止めるべきだ。昔、TBSで放送されていた関口宏司会の、「わくわく動物ランド」はよく見ていた。上記で示唆したように別にスタジオに動物を毎回連れてくるわけでもなく、番組がアフリカなどで取材し、動物の生の生態を追う。人間本位で擬人化したりするのではなく、生態系を外から眺めてる感じ。高校生ながらに、これが生物、野獣、猛獣なんだと理解できる番組構成だった。TV番組は、ペット的な印象を与える内容じゃなく、可愛いだけじゃない、自然のありのままの姿を見せるべきだ。TVを見て欲しがって思いつきで購入しては大きくなって手に負えず適当に捨てる「無責任馬鹿」を大量発生させている。大抵の人間の考える「自然」は、人間に都合のいい絵空事であり、自然というのは動物も植物も天候も、基本的に人間には厳しいのだ。

・・・猿の惑星」で当初、最恐最悪の将軍の役はゴリラだったが、アドバイザーの「猿の中で最も凶暴なのはチンパンジー」という助言で変更されたことを思い出した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ども失礼します=^^=
確かに現在私は漁師業はしてなくて、スポーツフィッシングをしてる訳ですね。
人間として狩りの味が忘れられなくてね。
食べる満足感にも勝る狩りの醍醐味を味わうフィッシング。

その釣り、今日は負けました。
言われると、思うこと多々ありますね…
ton
2012/09/17 01:42
@ton氏

まぁ、一応プロを名乗る資格はありますけど、現在の日本の漁業自体がスポーツフィッシングみたいなもんですから、連中もその意味では同罪ですね。それを助長する水産庁も。

Flagship
2012/09/21 21:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
動物を使った番組や映画は一切禁止するべき 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる