海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の日本代表は第1級の国賊である71

<<   作成日時 : 2012/08/07 21:32   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ウェンブリーの奇跡


 日本代表の決勝進出はおめでたいけど、昨日のフランスVS日本戦は明らかにフランスよりもレベルが低かった。勝ったのではなくただ負けなかったというだけ。全部セットプレーから得点して勝ったものの、正直3−0でボロ負けしてもおかしくないくらいの力の差があった。ボールを奪ってからパスが全く繋がらないサッカーをして勝った試合で喜んでいてはいけないだろうと思った。昨日の試合は本当に勝ったのが奇跡に近いと思った方が良い。世界を魅了し、絶賛されたあのパスサッカーはどこへいったのか?マイボールになった時の策が無さ過ぎだ。GKは取ってもすぐフィード。DFは持ってもすぐクリア。MFのつなぎは鳴りを潜め、FWはボールキープ出来ず。おまけに澤や宮間まで慌ててしまい、守備崩壊する有様。最後は相手に付き合って苦し紛れのロングボール。ポゼッション、創造性、共にゼロ。確かにドキドキしたけど、まったくワクワクはしなかった。むしろイライラが止まらなかった。サッカー先進国メディアの評価を聞いてみたい。押し込まれている時ほど、落ち着いてマイボールをキープすることに専念するべきだ。慌ててハイボールを背の高い相手に放り込んでも、競り負けて、また押し込まれるという悪循環を繰り返すだけだ。

 大野が安藤と代わってから攻撃があったのはロングボールで大儀見がポストに当てた一回のみ。後はまさに防戦一方の苦しい試合。大野は必要なところだけドリブルしてほしい。ミドルシュートももっと積極的に打つべきだ。安藤は何のために途中交代したのだろうか。スピードはないし足元にボールはおさまらないし、全くチェイスもせず、完全に消えていた。後半終盤、足の痛みも負ってあれだけ大儀見がチェイスしていたというのに…大儀見より走れこら。失点になった引き金の阪口が取られたシーンもボールを持ってからモタモタしているうちに簡単にボール取られすぎだし、パスをもらう選手も全然動いていない。後半リードしている時に全く攻める気配を見せないものだから相手に付け込まれていた。PKも阪口のディフェンス対応から取られていた。そして何よりボールを持ってからの判断が遅すぎる。ボランチであそこまでトラップミスが多くて判断が遅いと危険極まりない。右SBの近賀は上がる気配が全くない。フォローは遅いし運動量が少なすぎる。リードしたら守りに入るのがよく無い。守りに入って守りきれるほどの固い守備力をなでしこDF陣は持っていない。

 左SBの鮫島のパスワークがあまりにも消極的に過ぎる。確実に穴になっているし川澄に負担をかけすぎだ。寄せるのが遅いし、寄せたと思えばあっさり抜かれる。何をしてもダメ。挙げ句の果てに自陣のペナルティーエリア付近で敵が密集しているのにもかかわらず、パスを回そうとする有様。おかげでそれをすぐにカットされて、シュートされて、攻められ続けられている。守備練習じゃあるまいし、足が止まっているのにあまりにも危険すぎて見ていられない。残念だが期待していた川澄があまり機能していなかった。彼女はワンツーで裏へ抜けるとかスピーディなパスサッカーでのみ活きるプレイヤーだと思う。ただ今日の試合を見る限りでは自ら強行突破する力はなさそうだ。もっと瞬発的なスピードがあると思っていたのだが。なでしこの中では足が速いって程度だった。フランスの選手の方が圧倒的に速かった。右に比べて左サイドが不安定に見えるのは、宮間のようにためをつくる動きがないからだ。川澄はそういうタイプの選手ではないので周りのサポートが重要だが、相変わらず距離感が悪いしポジショニングも悪いため、出しどころに困るようなシーンがよくある。

 なぜGK福元はあの時間帯に、あの状況でボールをキャッチしたらすぐにパスしたのだろうか。あの場面でGKは、押し込まれている状況、時間を冷静に判断して、ボールをキャッチしたら時間をかけてしっかりとラインを上げさせて、浮き足だっていたチームを落ち着かせる必要があった。それをせずに中盤のパスミスの尻拭いに澤を使って消耗させすぎてしまい、攻撃参加が出来ない。この試合でもそうだったが、日本はパスミスが目立つ。そして単純な縦パスも多かった。体格差を問題視するのならロングボールを無理に放り込むよりも全体をコンパクトにして、横パスやバックパスで簡単にはたき、その上でボールをまわしても良かったはずだ。攻撃の崩しでは、この試合以外でも基本的にサイドから単純な攻撃が多いという印象だ。佐々木監督は選手にドリブルを禁止しているのか?パスだけで試合の主導権を握ろうなんて土台無理な相談だ。無理なロングボールに無駄走りの連続をしていれば後半DF陣の足が止まって当然だ。頼むからドリブルしてくれ。それから相手のバイタルエリアを崩す攻撃が非常に少ない。川澄や宮間などがバイタルエリアでボールをもらう動きがもっとほしい。攻撃をもっと良くするには宮間をトップ下で使う4−2−3−1でも面白いと思う。

 相手に押し込まれるとバイタルエリアでセカンドボールが一切取れないというのはどうにかした方が良い。ブラジル戦の時の様にしっかり2枚のラインを築いて守って欲しい。攻めてくる相手に対して、ドン引きで対処せざるを得ないというところに、向上の余地があると思った。ある程度下がり気味になるのは仕方ないが、やはりパス回しで一旦試合を落ち着かせるくらいは出来てほしい。セカンドボールへの寄せが遅いからDFラインが上げられずにズルズル押し込まれて中盤が間延びしてしまう。なでしこのサッカーはDFでボールをキープしている間に他の選手が、ポジショニングで有利になるように動いて、攻撃に転じるが、あれだけなりふり構わずDFにプレッシャーを掛けられると、準備が十分ではない状態でボールを前に出さなくてはいけなくなる。だから途中でカットされてカウンターを喰らってしまう。もっとスピードを上げたいところだが、なでしこの今の脚力では中々難しい。実力が同等以上だったら相手がいくら前がかりにきてもあそこまで押し込まれ続けることは無い。前掛かりに来ている以上、その分相手の守備は手薄になるんだから、カウンターのチャンスは増えるはずなのにほとんどカウンターを取れず、一方的に攻められ続けられていた。

 ・・・決勝が米国なので勝てたら奇跡。でもわずかな奇跡を信じて観るしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の日本代表は第1級の国賊である71 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる