海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の日本代表は第1級の国賊である68

<<   作成日時 : 2012/07/25 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 結果に勝ち、内容に負けた。


 東が得点を決めたのは大きい。だがあまりにもミスが多い。この指揮官はどうしても東と山村を使いたいみたいだ。昔の日本なら、この内容でも勝てばよかったかもしれないが、今求められているのはこんな運頼みで勝つ試合ではない。失点した時も、ゴール前でチャンスを活かせず、挙げ句の果てに簡単にボールを奪われてカウンターを食らった。相手のテクニックに気後れしてズルズル下がる場面が多かったし、相変わらず囲む守備が出来ない。外に追い出す守備も中途半端で簡単に崩されていた。このチームは組織的な守備とパスの精度と意思疎通の取り方を根本的に立て直す必要があると思う。選手間でちゃんとコーチングが出来ていれば芽のうちにリスクを排除できていたと思う場面が何回か見られた。いずれも個人のスキルの高低ではなく戦術の問題。つまり監督の職分であり、おまけに未だに選手の使い方に迷いがあるという、何を今ごろやっているのかという話だ。今のメンバーはちゃんと連携させれば結構な破壊力があると思うし、攻撃のバリエーションも豊富であるはず。関塚監督は今まで何をしていたのだろうか。

 ボランチは酷いの一言に尽きる。全く試合に絡んでこない。たまに絡んだと思ったら、パスカットされてピンチを演出するだけ。ちょっとでもプレッシャーを受けたら捌けないし、DFがプレッシャーを受けているのにもかかわらずパスを受けようと顔を出してあげない。おまけに全体的に味方が困るようなショートパスを出しすぎ。出してまた受けてプレッシャーをかわせるというならそれもありだが、見た感じそういう訳ではなくただ自分がプレッシャーから逃れたいから味方にパスを出しているようにしか見えない。味方を楽にさせるようなパスが無い。マイボールにしてもすぐ相手のプレスや囲われて奪われる有様。これでは前線でパスも回せず、攻めることもままならない。毎回守備をしていれば押し込まれて失点されるのは当然だ。相手の攻撃を最初につぶすボランチがほとんど機能していないから、いつも最終ラインでかろうじてしのいでいる感じで見ていてハラハラするし、攻撃のビルドアップも麻也とか最終ラインがやらざるを得ないのは正直苦しい。早めに高い位置でボールを奪い、相手の思い通りのサッカーをさせてはならない。

 基本的に技術が必要な場所に技術の高い選手がいない。開始1分のラッキーパンチはあったものの清武、東は本当に実戦で使えるのか?清武は全く動きに精彩がないし、シュートを蹴るべき場面でなぜかパスを選択する有様。パスに拘っているのか、自信がないのか判らないがパスばかりで自分で切り込もうとしない。前線でシュートを打たないなら、何のために攻めているんだろうか。勝負しないFWなんかどれだけ素質が高くとも絶対に要らない。U−23の世界基準で見たら、日本で騒がれている清武でさえ全く目立たない。東は後半ただ立っているだけで動かない。東が機能しないとスペースを作ったり点を取る位置に選手がいなくなる。わざわざ山村を途中から出してピンチを生み出している。案の定、全くプレスをかけに行かないし、ボールを触ったかと思えばミスして相手にボールを渡している。フィジカルが弱く、戦術眼がなさ過ぎて実戦ではとても使えない。パスのスピード、受けてからの判断と動きの早さ、選手同士が俊敏に動きながら数的優位を作り、相手を引き出す為のショートパス。メキシコに見習うべき部分は多い。

 ・・・何年か前にタイムスリップした日本みたいだった。いっそぼろ負けしたほうが目が覚めて良かったかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の日本代表は第1級の国賊である68 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる