海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の日本代表は第1級の国賊である50

<<   作成日時 : 2012/03/05 00:12   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 民放のスポーツ中継を禁止しろ。 


 澤と阪口抜きでも戦えたのは大きい。主力の大半が休めて、若手が経験を積めたのは大きい。一つ二つの決定機を与えたものの、危なげない試合だった。及第点といえども完勝とまではいかなかった。勝った半面、なでしこもCBの連携の悪さが気になった。レギュラーメンバー温存で勝てているのは良い事だが、レギュラーとの差が結構ある。やっぱり最終ラインに岩清水がいるのといないのでは守備力がだいぶ変わってくる。宮間は別格だった。男子女子の身体能力差はあるけど、澤、阪口、宮間のサッカーセンスはすごい。宮間以外に試合を作れる人がいないのが大きな課題だった。もう少し判断スピードを上げてほしい。田中も伊藤も宇津木も攻めではほとんど機能していなかった。控え組は主力に比べるとゴールの意識が足りない気がする。これでは米国やドイツのような強豪相手には厳しい。ロンドン五輪ではメダル獲得がかかっている。3位以内になるには、米国、ドイツ、ブラジル、スウェーデンなどの強豪国に勝たねばならない。今大会を見ると、まだ選手層は厚いとは言えない。主力が怪我や累積警告で出場停止になったら、いきなり戦力が劣ってしまう状態であり、底上げがかなり必要だ。澤、阪口、宮間。やはりこのメンバーに頼るしかないのが現状だ。やはりこのチームで最も替えのきかない選手は阪口であると再認識した。落ち着いたボールコントロール、パスの精度、スピードなど実に素晴らしい。彼女が怪我などしたら大変なことになると思う。もっと取り上げられて、話題にのぼってよい選手だ。試しに熊谷と阪口のポジションを入れ替えてみたらどうなるか見てみたかった。

 川澄は試合終盤でも前からディフェンスできる、あのスタミナは驚異的。それでいて決定的な仕事もするから、本当になでしこのキーマンだと思う。だが、ヘディングはもう少し練習してほしい。ノルウェー戦前半のヘディングシュートはフリーなのに脳天だった。ジャンプしてギリギリ届いて脳天ならば納得なんだけど、脳天だと下から突き上げることになるので基本的に方向を変えにくい。もっと精進して五輪では得点王を狙ってほしい。近賀はともかく同じSBの有吉がキレがなかった。確かに左右でクロスを上げられるとはいえ、近賀と同じ右SBではないか。召集しておいて安藤を全く使ってないのもちょっと気になる。不安といえばやっぱり後ろだ。走り負けしたり、パスミスを繰り返したり、はっきりいって怖い。デンマークの弱点はキック力の無さだ。フィードで回避しなければいけない場面で毎回プレッシャーを与えていたのが効いたのか、インサイドの正確性の無いパスでクリアミスして大野に取られている。1点目の菅澤のゴールはそれを最も象徴している。宮間→田中→近賀がお膳立てして菅澤が得点したのだが、大きくフィード出来ないGKに下がる必要は無い。中盤がやりたい放題でバイタルエリアに居座るのは当たり前だ。それができない米国戦はいかに失点が抑えられるかが鍵だ。佐々木監督は全て解っていたと思う。万が一負けたとしても米国に勝てば1位通過出来るのだから、控え選手を試せるのは当然だし、過密日程のレギュラー陣を休ませられる。宮間を出したのはINACの過密日程に準じて無かったオフのなでしこリーグ組だったからではないか?その意味で言えば弱過ぎる相手に米国戦を睨んで使える選手を試した試合だったのに結果が出なかったように思う。

 京川のファールは仕方ない。 U-20ではファールじゃないんだから。 それにまだ18歳でいくらU−20の代表だといっても若いし、なでしこA代表で世界と戦うのは未知なのだから失敗は仕方ない。ただしファールする位置に気をつけてほしい。米国、ドイツクラスなら失点ものだ。近くに近賀がいるのだからあそこは二人で囲んで取りに行く場所だ。高瀬がなかなか決められなくて、大野が出てきてあっさり決める。京川はボールを持つと慌てていたけど、大野はすごい落ち着いていた。この辺がレギュラーとリザーブの差だ。高瀬はゴールを決められるようになれば永里のバックアップになるので頑張ってもらいたいところだが、いかんせん決定力がなさすぎる。何と言うか目に覇気が感じられない。完全にキーパーと1−1になる場面であわててシュートを打って外している。もう少しドリブルして流せば点が取れた。では緊張しているかというとそうではない気がする。いいプレーは見せていたところがあったから、単に機能していないだけだろう。FWじゃなくて他のポジションの方が光るんじゃないか。佐々木監督の好みなのかよく使っているが、そろそろ岩淵や横山あたりを使った方がいい。前からやっているけど、熊谷のインステップのグラウンダーのパスが好きだ。モーションがでかくてフリーじゃないとなかなかできないけど、パススピードも速いし、男子でもミスることがあるのにかなり正確だ。木龍ははもう少し見たい選手の一人で丸山に代わる試合のアクセントになりえる選手だと思うのだが、途中から入ったのに、すぐ代えてどうするのか。交代させるのなら高瀬だろう。

 今のなでしこじゃ米国戦はかなりきついだろう。実力的に見たらアメリカの方が上だからだ。それは戦績でもいえる(0勝4分け29敗)。W杯と同じ位集中出来ればともかく、同じ試合運びをしたら米国も順応して対処されるだろう。日本は既に突破を決めた事もあるが、2試合通じて効果的に動けたかと言うとそうでもないし、あんまりチーム全体で体調が良くないようにみえた。しかも宮間は出っ放しの上、デンマーク戦では彼女へのフォローが明らかに足りなかったし、宮間が最終ラインに吸収されてパスを出さないといけないほど、中盤がグダグダだった。中盤を飛ばされて、前線に放りこまれた時に対応しきれるかどうかかなり怪しい。そして、一端跳ね返した後の処理も甘い。今大会はセカンドボールを拾われてバイタルでのピンチが何度もあったし、ノルウェーに一度は決められている。その辺の対処を注意しないと非常に心配だ。安藤や鮫島の怪我もそうだし、未だに途中から流れを変えることが出来るジョーカー候補がまだ出ていないのも気になる。(今回投入して先制点を決めた菅澤はスタメンであの出来であり、とてもジョーカーとしては使えるとは思えなかった)。現実は引き分けでも大金星かもしれないが、五輪もこの大会も優勝出来れば良いなと思う。例え0-1ゲームだらけだったとしても。他国は真面目に女子サッカーを発展させる気があるのか。これじゃ日米独伯四強状態が当分続きそうで、澤の念願である女子サッカーのさらなる発展は百年構想ものだ。

 米国相手にはまだまだ通用しないかも知れないけど、現時点で京川や菅澤、木龍とか若い選手に米国の強さを体感してもらいたい。越えなきゃいけないレベルを早い段階で知ることで、今後成長していく時に明確な目標が持てると思う。もちろん勝ってもらいたいが、強さの安定感ではまだまだ格上な米国だけに日本の良さを見せていい試合をしてくれればそれだけでいいと思う。W杯がまぐれ当たりとまでは言わないけど、運に助けられた部分も結構あった。だからチャンピオンとは言え五輪もギリギリの試合の連続だと思う。自分はアルガルベ杯はテストの場だと思っているから勝敗はあまり気にしない(例えば、日本が負けても京川が2点とったなどの収穫があれば満足だ)が、佐々木監督は一般国民にどう評価されるのかが気になっているのだなと思った。青嶋批判が多いけど、今の時点でのフジの中では、女子サッカーを実況させるならこの人以外はもっと怖い。青嶋は黎明期から女子サッカーにかかわり続けてる(自ら取材もしていたり)し、あれでボールホルダーは瞬間的に言えるし、ほかのアナがしてたら、きっと意味も無く隣のうざい国の事を絡めるだろう(青嶋も言うかもだけど、まだ過去成績面とか本当に意味があるときしか言わないはず)。W杯では勝ったけど10回やったら7回くらいは負けてしまうだろうというくらいの地力の差、アスリート能力の違いが実際はあると思う。その中でも勝利を手繰り寄せられる術を持てるレベルに日本がようやくなってきたという段階だ。どのスポーツもフジが絡むとストレス溜まることが多過ぎる。一番よいのはフジにスポーツ中継させないことなんだけど。

 ・・・いずれにしても米戦は厳しさもあると思うが、日本の良さも見せられるいい試合を期待している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の日本代表は第1級の国賊である50 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる