海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 海洋関連の会合101

<<   作成日時 : 2011/12/24 01:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 結構忙しい。


 今の事務所から近くなった虎ノ門の財団本部に向かう。ここで海洋情報の一元化に関する国際シンポジウムが行われるため。基調講演はどうでもいい内容だったので近傍で開催中の別の水産関係の会合に先に出席する。だがこちらの震災関連の水産系の会合もやはりどうでもいい内容。早めの昼食を御三家のSさんと採ってから大手町での準天長衛星の会合に出席してとんぼ返りで財団に戻る。頃合いよく国際編。海洋情報データが収集された当初の目的(研究であったり、航路維持のための作業であったり)から外れていても別の案件で再利用が見込まれるので、国や団体ごとに別々に収集しているデータのフォーマット統一や利用環境の整備(DB化やデータセットの作成)を進めていく必要があるのは万人の共通認識。問題なのはそれを誰がどうやってやるのかということ。くどいが、研究者がそれをやると研究とはみなされないので加点の対象にならないし、行政機関がやると民業圧迫だの、モニタリングは無駄だの言う手合いが多いので、多額のコストをかけられない。民間企業は事業に必要な部分しか採ってこないので、外れた部分のデータがないことになる。そういう面からの議論を期待していたのだが、「データは大事だからとっておこう」というお経だけ。つくづく頭が悪いとしか言いようがない。

 翌週は水族館関係の会合。不幸なことに所用で1日だけの参加。しかも午前中に急きょ別の要件が入り、午後からの参加になる。S先生に遅れを詫びてから会場入り。さすがにテーマが明確なだけあって参加者は多数に上る。この会合、研究所が中野にいたときに立ち上げにかかわっていたからもう6年も前の話になる。海洋研のS先生と今は葛西の館長になったN先生、新江ノ島のUさんの3人が発起人。今回は生物多様性がテーマで、昨年COP10の裏方をやっていたので御呼ばれした。正直委員会のフォーラムやセミナーよりよほどためになる。会場でいつも遭遇する中野のF女史に遭遇。何人か紹介するが、この会は基幹要員をのぞいて毎回リピーターが来る類の会合ではないので、面識のない人間が多く、顔をあまり売り込めなかった。それでも大洗とか九十九島とか、須磨とかの飼育員さんと何とか話ができた。F女史が中野まで戻るというので、厚かましくも新宿まで便乗させてもらう。おかげで疲労もだいぶ軽減された。ただ、この親子はどうもやりたいことがいまだに絞れていない様子。週末のお茶女との会合に呼ぶべきだったろうか?お茶女との会合は本当なら春にやっているべきものが震災対応でここまで長引いたといういわくつきの代物。内容もそれに応じたものでしかない。女子と海洋というどちらも入学者が限定されるような大学の生存競争をして何になるのだろうか。

 翌週はいろいろあったのだが、22日限定で参加。件のセミナーである。さすがに6回もやっているので問題点がだいぶ抽出できた。早期に来て会場の設営にあたる。当然のことながら資料が届かないだの、スクリーンに映らないだの問題続出。問題なのは越中島のM先生。酒飲んで忘れるならともかくどうしたら朝の通勤電車でPCを置き忘れるのか。造工の担当者は自分が挨拶するものだと認識していなかったらしく午後から参加。馬鹿しかいないのか。官の発表はどちらもゴミ確定。JAMも大概だが、海技研は独法の通則法から入るなんてどこまで馬鹿なんだろうか?組織の規模や概要なんかどこの参加者が聞きたいと思うものか。この程度なら水工研のT氏は発表できると思うのだが、当人に聞いたら「これならできます」だと。だから最初からそう言っているだろ。民はもう少し発表慣れしてほしい。提案するどころか説明するだけで一杯一杯な感じ。大学編はテーマからして間違い。「うちの大学はこれだけやっている」自慢はいらない。しかもこれに理科教育やものづくり、工学を混ぜるものだからどれを重要視しているのか焦点が絞れていないのでピンボケしている。パネルディスカッションも横国大のM先生は自らのシナリオを破壊しているだけで何もコントロールできていない。文科省のT女史が居なかったらどうするつもりだったんだろう?それと最前列のジジイは死んでよい。カリブ海クルーズと日本国内クルーズのそれを同一に論じてどうするんだか。本当に老害は死ねばよいとつくづく思う。

 ・・・懇親会は何も飲み食いできなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海洋関連の会合101 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる