海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育関連の会合4

<<   作成日時 : 2011/11/05 07:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 何だかなぁ・・・

 横国大のT先生に呼ばれて付属の研究発表会に参加する。鶴岡八幡宮の裏手にあるのだが、少し外れているので観光客にはあまり遭遇しない。受付に行くとなぜか来賓席に座れという。公務ではないので遠慮して一般枠に座らせてもらう。中学生の発表だが、1,2,3年がそれぞれ各教室で話す形式。学会のように同時並行なので聞きたいものがダブルブッキングしてしまう。班によって掘り下げが少々甘いのを除けば発表の出来としてはなかなかのモノ。ただし、ここの生徒の基準で他の公立校の総合的学習の時間を語られると「(学校自身の)基礎体力が違うだろ?」と思ってしまう。普通の学校では相手が3日間連続で受け入れてはくれまい。

 午後のシンポジウムは学会と同じ形式。外部の人に話をしてもらってそれを深化させるというのは非常に良い方式。ただパナソニックの中の人の発言はいただけない。確かにスペックを満たせば自国民である必要はさらさらないが、採用部の発想には育てようという意識が微塵も感じられない。ちょうど現在創業者の立身出世物語をNHKで放送しているが、パナソニックが凋落したのはなぜかぐらい観衆の前で言えるようでなければ、パナソニックに入って仕事してやろうなどという意気のある学生は来ない。企業が学生を選ぶのと同様に学生も企業を選んでいるのだが。Tさんはさすがに上手い。彼は教育者ではなく噺家になった方が良いと思うのだが。

 ・・・帰りの電車の中でT先生に琉球大の海洋教育のダークな話を聞いてしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
失礼します。
記事中の企業と学生の認識の差異、先日私もある地域の漁協関係者とお話する機会があったのですが、組合の考えを聴いて同じ感想を受けました。
ttp始まったら漁師やろうかな?なんて…
ton
2011/11/05 14:01
 どうもどうも。

 無理じゃないですかね。自己評価の一番苦手な組織ですから。とある組織ののり養殖漁師さんと漁協にヒアリングしたら「嘘ついているんじゃねぇ!」と怒りだしましたし。
Flagship
2011/11/05 18:38
重ねてコメすみません^^;

言われる通り漁師もその様な方々が多いです。
またそういった背景もあり、漁業法があると他界したオヤジから何気に聞いておりましたが、
自分達を守ってくれる法を武器にしてしまった感じですね。

組合が漁業者の志向性を上手くコントロールできればと感じているのですが漁師以上にアレ?ですから、私的に辛い感。

今後は荒療治が待っているのでしょうね?
またそれしか方法が無いのかな?といったところです…
ton
2011/11/05 19:32
 うーん。何と言ったら良いですかね・・・今回の村井知事のように漁業者の生活を一変させるかもしれない要請や命令が行政の側から出された場合や末端の採捕業者に過ぎない漁業者に代わって大手量販店と交渉する窓口であるべきなんですが、現状は対立を招き、復興を遅らせているだけ。後者はJFしまねで実際にやらせてみたらあの体たらく。

 元シャチョーさんの松本龍が「コンセンサス得ろよ」と口酸っぱく言ってたのは、この件なんですがね。もっとも消費者は漁師に命がけで魚を採ってくれなどとは誰も願っていないんですけど。

 


Flagship
2011/11/05 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
教育関連の会合4 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる