海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の日本代表は第1級の国賊である44

<<   作成日時 : 2011/11/18 09:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 情けねえなぁ。


 だから負けたっていうのか?嫌だったらはじめから試合を止めればいい。負けたことを後から理由付けするのは、スポーツをやっている人間にとってとても嫌な気持ちがする。ましてや周辺マスコミがスピーカー役をして、負けた理由の背景にしているのは更に嫌な感じがする。負けた言い訳をする前に恥ずかしくないのか?第一、北朝鮮が異様なんてことは行く前から判っていることだ。それに対する準備や対策は何かしたのか?いつもと同じ状況でサッカーができると思っていたのか?そういうメンタルの要因が大きいと言い訳するなら、なぜメンタル対策をしていないのか?廊下の警備員が無表情で不気味だと?チャンチャラおかしいことを言ってるんじゃない。北朝鮮が問題かどうかは別の問題。お前らは勝負以前に、「準備ができていなかった。」メンタル要因をあげるのであれば、まさにその「メンタル対策の準備」ができていなかった。だから控えなのだ。要するに戦う前から負けていたってことだ。

 翻ってウズベキスタンの選手は、同じホテルに泊まっていても、北朝鮮を1―0で下している。確かに、厳しい環境だった事は事実だろうが、そんな環境でも、平然と普段通りのルーティーンを守れる選手こそ、メンタル的にも強い人物だと思う。そして、そういう人物こそ、サッカー選手として成功できる人物だ。ホテルの部屋にたくさんの鏡があるとか、フロアごとに監視員がいるとか。そんな事に怯えて他の選手と2人で、一つのベッドに寝た、とか、聞いていて正直、恥ずかしい。戦う前から、もう北朝鮮という国に負けている。欧州のトップクラスの選手では考えられない、不甲斐なさ。代表なら、図“どんな環境にも動じない。”そういった太い強靭なメンタルを、しっかり持ってほしい。『怖かった』『眠れなかった』もう、そんな泣き言は聞きたくない。こういう状況でも圧倒的な日本の実力を見せ付ければ、相手は有無をいえない。実力というのは誰が見てもわかることだから。

 国歌斉唱に対するブーイングや試合後の観客のマナーなどは論外だけど、北朝鮮の選手のプレーやスタジアムの雰囲気は仕方ない部分もある。特別に酷いラフプレーが目立った訳でもないし、国自体に対する不満をFIFAに言っても仕方ない。世界には色んな国があるんだから、何から何まで思い通りにさせてもらえるわけじゃない。負けたから何でも批判することこそ、フェアではない。そんなに不公平が嫌なら事前に不戦敗を申し出て拒否すればいいし、日本国内だけでぬくぬく試合していればよい。スポーツといえど勝負事である。あらゆる状況を飲み込んだ上で勝ちに執着してほしかった。今後も半永久的に北朝鮮で北朝鮮と試合する機会は巡ってくるのだから、その異常さを世界に見せつけて理解させる為にも理不尽でも勝って欲しかったし、勝った上で堂々と批判したかった。選手には今回の件を教訓にメンタルを鍛えなおしてほしいし、現地に行ったサポーターも観光じゃなく戦場に行くくらいの気持ちで臨まないとダメだ。
 
 ・・・厳しい言い方かもしれないけど、北朝鮮はホームで全勝しているわけじゃないし、それで消された外国の代表チームなどない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の日本代表は第1級の国賊である44 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる