海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS アーセナルの危機3

<<   作成日時 : 2011/11/15 03:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 宮市は外に出るべき。


 今の状況で宮市を飼い殺しにしているだと?プレミアをあまりにも甘く見すぎている。まず、フェイエノールト自体が小野が居た時代とは違う。つまり強くないしエールディヴィジのレベルも落ちている。宮市本人が「オランダからイングランドに来てレベルの違いに戸惑った」とインタビューで答えているように、もしも、あと1年フェイエノールトに残っていても1年後に同じように壁にぶつかるだけだし、今からまたフェイエノールトに行っても成長という観点では全く意味がないと思う。あのまま、フェイエノールトにいたら試合には出れるけれども、いつまでたってもイングランドのサッカーに馴染めない。ヴェンゲル監督は宮市にイングランドのクラブで経験を積ませたいのであって、フェイエノールトへのレンタルはあくまでも本国での労働許可が下りるまでの時間潰しに過ぎない。労働許可はもう下りたのだから、アーセナルは少なくともプレミアからは出すことはない。なぜなら21歳までに3年間プレミアでプレーしていれば、ホームグロウンと認定されるし、宮市は18歳でアーセナルに加入しているからだ。これを半年でもレンタルで外国に出してしまうとホームグロウンの認定外になってしまう。

 ラムジーやウィルシャーも加入から1年は出番が無かったのに、高校のサッカー部出身でJリーグも経験してない宮市がいきなり出番を貰えるほどアーセナルの選手層は薄くない。しかもウィンガーは今のアーセナルで一番まともな状態のポジションだ。だからウイングのポジションが怪我人続出とかにでもならない限り、冬のレンタル移籍は確実なのではないか?宮市はリザーブで試合出場し、ヴェンゲル監督の指導の下でトップの選手と練習して、プレミアのレベルを肌で感じている。レンタルとレンタル復帰を繰り返しつつの育成、アーセナルはこういう方法でこれまで良い選手を多数排出している。リーグ序盤の苦戦で駆け込み移籍で何人かの選手を獲る前はリバプール戦でもベンチ入りしてたしその試合でも早々にDFが負傷して、ミグエルが出ることになったりバタバタしていた。その後はそれなりの経験をもつ数選手の加入でベンチ入りなしという予測できない不運もあった。今年序盤での起用期待大→チームレベル低下により即戦力補強→宮市の出場の可能性減→今期冬に出場できそうなチームにレンタルするってヴェンゲル監督がいい決断をしたとしか思えない。少なくともチームのため宮市のためを考えている。
 
 ホームグロウンルールを除外しても、国外よりもプレミアの2部か1部で下位に低迷しているクラブにレンタルで出したほうがいい。ポテンシャルは十分にあるから、とにかく今はイングランドのサッカーに慣れることが必要だ。カーリングカップのボルトン戦を観る限りプレミアの下位クラブならレギュラーで出れる実力はあると思う。もちろん行く先の現在の選手の構成にもよるけど。ファーストタッチもそうだけど、ボールの運び方が荒いときが多いから、プレミアだとスピードだけではごまかせない感じがする。それだけだと思う。少なくともあのスピードは魅力だし、下位クラブや中位クラブでも負けている時、相手が上位クラブの時など後半から出てスピードを生かす起用方法もあると思う。半年か1年半は下位クラブで経験を積んで、アーセナルに戻る時にはアーセナルでも常時試合に出てる選手に成長していると思う。逆に戻れなければそれまでということだ。飼い殺しはダメだけど、甘くない環境を感じることは、とても良いことだから。宮市を育てるためにアーセナルというクラブが存在してるわけでは無いのだから仕方がない。

 ・・・とりあえず見守ろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アーセナルの危機3 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる