海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の日本代表は第1級の国賊である42

<<   作成日時 : 2011/10/10 06:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

 内容的にはザッケローニ監督就任後最低の試合。


 何かもう試合の1時間前に集合して、ぶっつけ本番でやったような感じ。4日間の合宿で、いったい何をやってたのか?ヴェトナム戦の苦戦は単にシステムに戸惑ったとかそう言うレベルの話じゃないと思う。システムに戸惑ってもあまり影響が出ないように格下のヴェトナム戦を組んだ訳だから(今となっては特に守備の良かったヴェトナムを格下とまでは呼べないかも知れないが)。モチベーションが低かったとか、タジキスタン戦に向けて接触プレー(怪我)を怖がったとか言うのならまだ許せるけど、遠藤と本田不在の影響がモロに出たのなら深刻だと思う。本田が離脱して何かチグハグし始めて、遠藤欠場でさらに悪化したとかなら時間的に(本田が戻ってくる前に)修正するのは難しいと思う。本田がいないと中盤が不安定になり、遠藤がいないと終盤が不安定になることを意味するからだ。無敗記録は気分は良いが、一度強豪国相手に親善試合でもやらせてもらってコテンパンにやられて一回気を引き締め直した方がいい。このまま無敗で予選勝ち進んだら、それはそれで不安が残るSafetyFirstを好む日本人の思考から考えれば3バックは合わない。両サイドの駒野がディフェンスラインにべったりで、長友ですら位置が低いので5バック(結果的に5-2-3)になってしまって攻守の切り替えが遅くなってしまう。3試合でも未だに本田の穴を埋めきれていない。長友が言うとおり、今まで日本は本田に溜めを任せ過ぎていたのかもしれない。だが、4-3-2-1でもまだ崩せていない。システムではなく動きの問題だ。5ラインの距離感が悪いのと、三角形の形成の早さの問題である。また、1つでパスを出すのが多く、2つ目で出すラストパスが少なかった。ダイレクトプレーが上手ではなかった。ただでさえ基本的に皆フィジカルが弱いのにビルドアップとゴール前の判断が遅くなったら点は取れない。

 3-4-3の場合の中央突破では、CFかシャドウの選手がトップ下辺りの位置まで下がる必要があるが、2列目を引き上げる動きをして距離感を縮めれば、楽になる。3-4-3は3-4-1-2や4-2-3-1と違い、トップ下がいる場合よりも攻撃のバリエーションに富むし、守りにくい。ただしバリエーションが多すぎて難しい。だから3-4-3では、相手のバイタルエリアに誰かが必ず入っていく事が必要だが、 今の代表メンバーの中に、そこにボールを持って切り込んでいってキープしてタメを作ったりシュート打ったり、入っていってからそこでボール受けて、それが出来るプレーヤーが本田しかいない。これまで使っていた4-2-3-1では、そのポジションに本田がいて、それをやっていたが、本田の代わりはいない。自分でキープして散らそうという選手がまるでいないから、全然形が見えてこない。フリーだとある程度つなげるけれど、密集地帯になるとまるで繋げずに渋滞を引き起こしている。確かにベトナムの守りが良かったのもあったが、結局、香川も長友も藤本も駒野も憲剛もそれが出来ずに、横パスか苦し紛れのクロスだった。必ず誰かが動いてバイタルエリアに入っていく必要のある3-4-3は、今の代表メンバーには荷が重いと思う。3-4-3は欧州クラブを見ても時間をかけて作り上げていくケースが多い。ザッケローニ監督の母国イタリアで見ても、プロビンチャではうまくいくケース(ガスプのジェノアやザックのウディネーゼ)もあるが、今シーズンのインテルを見ればわかるように、即座に勝ちが求められるようなビッグクラブでは成功したケースはほぼ皆無である。翻ってナショナルチームはクラブチームと違って、よっぽど負けが込まない限り4年間は続けられる(もちろん密度は異なるけどね)。よって3−4−3の適不適を判断するのは現時点では時期尚早では無いかと個人的には考える(三次予選は負けさえしなければ、内容まで問題視する必要はない)。今はチームの方向性を探れる唯一の時期、カレンダーを見てもこの先にそんな時間はあるように思えない。もしこの試合に、「遠藤、本田、内田の代役と、それ以外のポジションでも、見劣りしない交代要員を探す」という意図が含まれていたとしたら、収穫はGKの西川、彼一人だけ。それ以外は全滅。久しぶりに、呆れ返るほどみっともない試合を見た気がする。

 サイドからのカウンターの場合、SBがもった時点で、シャドウとSHにマーカーがついているならば、CHかSHの選手がボールをもらいに行く必要がある。グラウンダーでつないでいければウディネーゼのような素早いカウンターができる。だからSBの選手をSHのポジションに置いても意識が最終ラインに行き過ぎていて効果的ではない。本職のSH(攻撃的MF)を置くなりしないと3トップも生きてこないと思う。ところが控え選手が出てくると位置取り関係がずれていて選手を探している様に見える。控え選手は今までの試合運びを何も見ていないのか。この試合で走破距離が8km/90分に達していないと次からとても使えない。個人を見ると、遠藤や本田がいないと攻撃時のタメが出来ないし攻撃のリズムが良くない。香川はペナルティエリアの近くで仕事しないと怖さがないし、その少し手前から一度触って裏へ抜け出すような動きをするにはFWに潰れ役がいないとダメだ。潰れ役になれる前田遼やマークを引き連れられる本田が前線にいてこその香川である。あの試合で言えば、香川が本田の代わりとなってマークを引き連れてスペースを作ってあげないといけないのに、香川が自分で抜きに掛かろうとするから長友が縦に抜けるスペースも消えてしまっていた。周りが見えないほど余裕がないのか。香川は、全てにおいて遅くなっていた。状況判断も、プレースピードも何もかもだ。彼は、今ではスーパーな選手ではなく、月並みの選手になってしまった。過密日程と長距離移動が彼をクラブでも代表でも全く輝けない、悲惨な状況に追い込んだのではないか。いっその事、休養をとらせて、彼がクラブで再び輝ける、継続して結果が出る日が来るまで、しばらく代表に呼ばない方が良いのではないか?香川はしばらくブンデスリーガに専念させるべき。今の彼は判断力、スピード共に他の選手以下のクオリティである。それ以上に右サイドの攻撃は機能不全に陥っている。藤本と駒野で突き崩すのは厳しい。あれだけサイドを走れば藤本でも疲れるだろうが、ナイスアシストだけど、何で自分で打たないのか。自分で持った時に全部パス狙いというのが見え見えだ。今までの悪い日本代表を体現している。前回の代表でもそうだった。今日もそれだと二度と呼ばれないだろう。

 前半24分に李忠成のシュートで1点を取ったが、それ以降の得点が全く取れなかった。李は評価が分かれるが、個人的にはあの闘志と真剣さは好きだ。絶対的なCFになるにはまだ物足りないけど必要な選手だと思う。ただし、いい加減フリー以外でゴールしろとは言いたい。ちょっと競られただけで枠・枠・枠・外。1トップなら意地でも決めて欲しい。槙野のポテンシャルは認めるが、なぜ、あの程度の運動量で脚がつって負傷退場しているのか。やはりケルン゙で試合に出ていないので明らかに身体のコンディションが作れていない。このような選手を招集するべきではない。これでは当分ケルンでも干されるだろう。槙野を入れるくらいなら闘莉王がどんなに高齢になっても入れてほしい。長谷部はドリブルで仕掛けたり、パスを出したり、バランス取ったりと色々大変だったと思う。でも、ゴールから20メートルくらいの位置でDFをキックフェイントかけて揺さぶった後はシュートして欲しかった。2回も同じ事してシュートを打たなかったのは彼の実力からすれば疑問だ。Jリーグ時代にエリア外から良いシュートを打っていたのだし、もっと自信をもって打って欲しい。細貝はなんでファール気味にプレスするのか?馬鹿なのか?確かに守備時は球際にガツガツいってマイボールにするきっかけを作っていて(若き日の戸田のようで)良かったけど、ボールをもらった時のプレーの幅があまりに少なすぎる。もうちょっとパスの精度を上げてはたいたり、前線へのフィードを増やしたりすれば、2ボランチ(遠藤、長谷部)のサブとして出番があると思うけど、このままだったら厳しい。中村憲は今回トップ下で出場したが、ボールを落着ける役割も考えればボランチが適任。中盤で機能させるまで時間がかかりすぎている。広い視野を持っている選手なのでボランチのポジションからでも効果的なスルーパスが出せると思う。中村憲、原口など今までのフォーメーションを変えて挑んだ試合だったけれど、ボールのつながり方がまだまだ課題が残っている。どうも周囲が原口の使い方を理解してない感じだ。左サイドのライン際でフリーになってるときの原口は迫力のあるカットインするのだけど、もう少し時間がかかる。絶対的な運動量が少ないのか動けないのか分からないが、動くことを止めない山田直輝を呼んで欲しかった。”裏への飛び出しができて”小さいけどポジション取りがいいからヘディングで勝てることも結構あるし”パスも出せて視野が広くて運動量が豊富で守りも出来る山田をなぜ呼ばないのか。

 リザーブメンバーは最終予選が心配になるような出来の悪さだ。まるで消化試合のような内容のない試合だった。俺がレギュラーをとってやるんだという気合や意思が微塵も感じられない。横パス、バックパスばかりで、ボールを持ってない選手も全然走らないし、止まってボールを待っている状態。主力と控えの選手の意識レベル、能力の違いが大きすぎる。いくら控え選手とて、格下のベトナム相手に自分たちのプレイが出来ないようじゃ話にならない。なぜ毎回出ている選手が浮かない表情なのに、控えの選手はなぜ試合が終わってヘラヘラしていられるのか?もっと危機感を持ってやらなければとても使えない。ふざけた気持ちで試合に出るなら出さない方がマシだ。万年補欠確定。試す価値なし。ここはダイレクトでシュートという場面で、勇気を持って打たずに、代わりに苦し紛れのパスをしてパスミスを誘発し、トラップをして、ドリブルを仕掛けようとしたところに、トラップミスして1対1で負けてボールをとられる、他にもボールをもらう動き、無駄なファウルなどなど、選手の状況判断がマズイ場面が多すぎた。ヴェトナム相手に1対1で負けているようでは、世界では戦えない。少なくとも代表レベルの試合ではない。上手い下手の問題以前に、点を取る、インパクトを残す、という意識がほとんどの選手に感じられなかった。上手くボールを捌いてさえいれば残れるというほど代表は甘くはない。原口のハングリーさと、憲剛のパスセンスぐらいしか見るところがなかった。仕掛けなければ点は取れないという悪い見本である。いつまでも本田がいないからっていう言い訳が通じると思ったら大間違いだ。もっと個人、個人がゴールに向かう姿勢を意識すべきだ。ボール持ってる選手を追い抜く動きがない。センタリングはただ漫然と中央に蹴りこんでるだけ。不必要なファールが多い。ボールに集まりすぎ。相手を舐めてる。走れない。つまり基本がなっちゃいない。ヴェトナムはプレーの意図がしっかりあって全員が理解して自信を持ってプレーしてた。とにかく強かったし、寄せの早さ、玉際の強さ、運動量、内容では完璧に日本を上回っていた。自信と心の持ちようでこうも違うかと思った。このメンバーに関してはオプションを試すとかいえるレベルに達していない選手が多く、日本は層の薄さを改善するのが、この時期にきて最大の課題になってしまった。

 ・・・カタールがヴェトナムに負けたのは偶然じゃない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
sac louis vuitton
Thanks for any other wonderful post. Where else may anyone get that kind of info in such an ideal approach of writing? I have a presentation subsequent week, and I’m on the search for such information. ...続きを見る
sac louis vuitton
2013/04/20 13:44
scarpe hogan
Hiya. Very cool website!! Man .. Excellent .. Amazing .. I will bookmark your website and take the feeds also…I am satisfied to find so much helpful information here in the post. Thank you for sharing.. ...続きを見る
scarpe hogan
2013/04/20 13:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の日本代表は第1級の国賊である42 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる