海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の日本代表は第1級の国賊である41

<<   作成日時 : 2011/09/08 00:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 とてもふがいない引き分け。

 
・内田がシャルケでレギュラーから外された意味を理解できた。
・長谷部がヴォルフスブルグでトップ下で得点したのにもかかわらず、次の試合でSBで使われている意味が理解できた。
・香川が今期、ドルトムントの緒戦が良かっただけで、後の試合でダメなのが理解できた。
・岡崎は今日は得点したが、シュツットガルトでなぜレギュラーを取れないのかが理解できた。
・阿部は、現状でこれ以上は望めないのを理解できた。
・ハーフナーはほとんどをヘディングの競り合いで勝てなかった。期待してはダメだと理解できた。
・李は過大評価。「あのゴール」の幻想に惑わされてはダメだと理解できた。


 前半の香川の空気っぷり。後半清武が入って香川も少し持ち直したが、相変わらず決めきれない。香川は使ってくれる選手がいないと輝かないので、意外と使い勝手が悪い選手なのだが。いいパサーがいないと香川は活きない。本田がいない以上遠藤にその役を期待したいところだが、今日はディフェンスに追われていてそれどころではなかった感じ。最初のフォーメーションでトップ下を長谷部じゃなくて遠藤にしてもよかった。この2戦のスタメンを見て、ザッケローニ監督の中ではトップ下は「本田オンリー」なんだと感じた。スタメンのトップ下がふがいないから、後半仕方なく香川にしてる感じだ。ウズベキスタンはロシア、ウクライナで活躍する選手が多いとのことで、個の力は日本選手以上だった。今日の試合はウズベキスタンがことごとくシュートを外してくれて助かったと言うのが日本の本音ではなかろうか?。ここ最近の韓国、北朝鮮よりも遥かにウズベキスタンの方が強かった。今日一番の問題は守備が一発でボールを取りに行って中盤でいなされまくってた事だと思う。今まではそれで奪えてたのかもしれないけれど、ウズベキスタンはしっかりプレスをいなす技術があった。そういう時にあんな軽い守備をしていたのでは体力使うし、数的不利を招くだけだ。今から攻撃という時に低い位置でボールを奪われすぎている。両SBがあがったタイミングで取られてしまうと、まず戻ってこられないし、戻ってこられても体力の消耗が激しい。内田と今野ともにちょっと不用意に体力を削る展開に見えた。事実、前半の徹底したサイドチェンジに突破力のあるカウンター攻撃でバタバタして体力消耗して終了。

 遠藤と長谷部のボランチ2人が良い意味で悪い意味でもポイントだった。長谷部はここ何試合かの間で最悪なコンディションだった上にをいつもと違うトップ下にしたためにうまく順応できなかった上に、ボランチの阿部の動きとザッケローニ監督の采配にちょっと振り回された感もあり、中盤でのプレス、守備時の遠藤のフォローができなかった。パスをもらう場所が悪いし、ボールをすぐ奪われるし、ボールキープできないから、ボランチが位置上げたタイミングで攻められてバイタルエリアにボールが渡ってしまう。このように前半は守備陣と攻撃陣の間に大きな空間ができてしまい、そこを相手に使われる有様。遠藤も怪我との情報もあり、コンディションがよくなかった上に今野が1対1で簡単に振り切られてしまうことがあったので守備の軽さが非常に目立った。後半、長谷部と遠藤のボランチになったらようやく形が出来たので、スタメンはいいとしてこの2人に大きな怪我があった場合の控えが心配だ。そして長谷部をいつもと違うトップ下にしたためにこちらも順応できずに、自分たちは得意の細かいパスの繋ぎがその空間のせいで出来ずになんと前線への放り込みサッカー。よもやそれはないだろうとツッコミを入れている間に前半終了。後半は一転清武を入れてようやく本来のリズムを取り戻しかけてはいたが、今度はウズベキスタンの縦パスが面白いように決まる、決まる、アホのように綺麗に決まる。前半で体力をだいぶ奪われたのはわかるが、ああもディフェンスがザル状態になってしまうのは「喝!」だろう。中盤でボールをキープし敵のマークを集める本田がいないため、中盤で全くボールが収まらない。早いボール回しをしてるのではなくただ取られまいと必死で繋いでいるだけで、そこに攻めの意志はない。更に、サイドを駆け上がって効果的な攻撃をしつつ、敵ボールになれば速攻で守備に戻れる長友がいないのも大打撃だ。

 長谷部が何度も言っていた「泥臭さ」。それをもっと他の選手も実践すべきだったんじゃないか?岡崎のゴール以外はまったく泥臭さを感じなかった。特に香川。ボールと相手との間に身体を入れて強引にPAに侵入していくような、北朝鮮戦で長谷部が見せたような強引なドリブルも時には必要だと思うが、香川はそういったプレーはやろうとしない。ドリブルを含めてとにかく綺麗に綺麗にプレーしようとする。香川はコネコネと持ちすぎでチャンスを逸していた。後半ロスタイムでもそうだった。綺麗に抜けそうにないときは、泥臭いプレーはせずにあっさりとパスに逃げる。あそこは強引に行って欲しかった。そうすればPKが獲れたかもしれない。相手のクリアミスでオウンゴールや絶好のこぼれ球も誘発できたかもしれない。劣悪なピッチ状態もある。綺麗なプレーにこだわっている選手は考え方を変えて欲しい。長谷部の言っていた「泥臭さ」というのをもっと全員が理解して徹底したほうがいいと思う。少なくともあの場面では必要だったはず。後はCBがかなり危なかっしい。しかも大人し過ぎるし、激しさがないので安定感がない。チームを鼓舞出来て気迫を前面に押し出し、ビルドアップの上手い、空中戦強く得点能力高い闘莉王はやはり必要だ。同い年の駒野や年代的に変わらない今野や栗原を呼んでいるくらいなら闘莉王を呼ばない理由に年齢は関係ない。母国ブラジルW杯でモチベーションも高いだろうし3年後に33歳なら十分出来るだろう。ただ中澤とセットで呼ぶ必要があるがw

 代表監督歴の無いザッケローニ監督の限界を垣間見たような気がする。一度も試していない長谷部のトップ下起用は、選手たちに無用な混乱を招き、ウズベキスタンにペースとスペースを与えてしまった。先の北朝鮮戦でも得点を取りに行くのに、今までとは違うオプション、安直に長身FWを投入するしか手を打てなかった。監督が浮き足立ってこれまでの積み上げを信じることが出来ず奇策に走るのは、愚行以外の何者でもない。W杯予選の雰囲気にのまれていた感は否めない。日韓W杯で、突然サントスをFWに使って破れた、トルシエ元監督と同じ匂いがした。今日のザッケローニ監督は何故あのフォーメーションでスタートしたのか?今のチーム編成では阿部はクオリティのある選手ではない、ただの便利屋以外の何者でもないはずだ。きっと次は使われないと思う。守備のポイントとして呼ばれたのに、マークの受け渡しはオタオタするわ、簡単に振り切られるわでは話にならない。あそこでベテランがあんな粗雑なプレーをしていたのでは、ベテランとしての役割も守備を期待されて入った選手としての仕事も、両方とも出来なかったと言わざるを得ない。岡田前監督の時のDFラインとボランチの間での意味ないパス回しを思い出す。サイド攻撃をするにも中を経由してサイドに出すとか工夫をしないとチャンスメイクにならない。サイドバックからタッチライン間際で苦しまぎれに前に持って行く安全策ばかり。誰かが、ドリブルしたり縦パス入れたりする勇気を持たないとダメだ。

 あの内容で引分けはラッキー以外の何者でもない。両サイドは抜かれ放題。相手にドリブル突破されるとズルズル下がり、ルーズボールにセカンドボールは取られまくり・・・バイタルエリアはほぼ空洞化。クロスのタイミングも精度も悪いし、サイドはエグレない。ゴール前でシュートを打たずにパスを選択。あそこは撃て。明らかにサイドからのクロスに対するディフェンスと裏を狙われた時のディフェンスに難ありのウズベキスタンなのに狙わない日本。ドリブルで全く抜けずに宇宙開発するFW。過去のダメダメ代表を見ているようだった。攻撃で上がったなら守備ではきちんと下がれ。戻らないから守備でギリギリのプレイがにわかには頑張っていたように見える。スピードでぶっちぎられそうならせめて体当てて止めてくれ。いつも思うのだが日本人は本当にテクニックがあるんだろうか?「ボールを受け取る、一度確認する、そしてボールを蹴る。」これが工事の作業員ならば優秀だけれど、それで全て展開が遅くなり、コースがバレバレ。他国には何故か、それが少ない。男子も女子も日本はシュートがとにかく下手だ。自分の技術が下手なのに際どい所を狙いすぎたり,浮かせて失敗したり,ゴールキーパーに阻まれてもキャッチされてもいいではないか。難しい体勢ならなおさら。もっとゴールポストの枠内にシュートする技術を練習するべきだ。球の勢いでキーパーがこぼす事もあるのだから。百回に一回の難しいシュートを練習するくらいなら、もっと可能性の高いシュートを選択したほうがいいと思うが。W杯やその後のアルゼンチン戦で見せていたネチッこい体を寄せる守備が出来ていない。守備に関しては、あれが世界に通用する日本のスタイルだと思っていた。今のままでは心配だ。

 ・・・3点差くらいつけられて負けていても不思議じゃない内容だった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の日本代表は第1級の国賊である41 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる