海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS F-Trainはただちに運行を中止すべき

<<   作成日時 : 2011/09/26 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 全面的に小田急が悪い。


 http://www.odakyu.jp/support/20110922132556f148e777.pdf

 
 東京都屋外広告物条例
 1条2項 「この条例の適用に当たつては、国民の政治活動の自由その他国民の基本的人権を不当に侵害しないように留意しなければならない。」
 同条1項 「・・・良好な景観を形成し、若しくは風致を維持し、又は公衆に対する危害を防止することを目的とする。」

 今回の問題は小田急F-Trainの装飾が本条例の目的に照らし排除されるべきものであるのかが問われることとなる。(1)許可申請を実施しなかったこと:東京都屋外広告物条例 第23条、(2)広告物の面積が基準(車体1面の10分の1以下)を超えていたこと:東京都屋外広告物条例 施行規則 第19条と、具体的な違反事由が述べられている。東京都は役所である以上、法律や条例に則って仕事をするのは当然のことで、今回もある意味では忠実に仕事をしたと言える。都としては条例を遵守させるのも仕事。条例違反を感情論で容認しては社会秩序が維持できない。「ドラえもんなら子供が大好きだから大きくても良い。企業の広告は景観を損なうから大きいものはダメ」なんてやってたら線引きができなくなる。三権分立の考え方からしても法律の運用を行政が勝手に解釈することは憲法上許されない。ここはキッチリと行政指導することが東京都の責務。行政を批判するのは簡単だけど、もともと条例で定められた事前の申請を怠ったのは小田急の落ち度である。仮に特例と認めるとしても、議会で定めた条例・法令を運用する側(行政)が恣意的に処分できるとなるとそもそも議会の存在意義がなくなってしまう。条例を定めた以上はそれを守るのが市民社会のルール。ましてや役人が“気を利かせる”なんてことをしていたら、それこそ腐敗や不正の温床になりかねない。役人は杓子定規でいい。配慮が必要というなら、再定義することになるから、どっちにしろ杓子定規になる。それが公正公平性を担保する。

 中釣り広告もアド広告もある世界で「広告と思いませんでした」なんて言い訳自体が胡散臭い。小田急は企画段階で関係部署に確認をしていれば起こらない問題なのに、「広告物に該当するか否か」という、行政窓口に行って訊けばすぐ分かる程度のごく初歩的で一般的な法令チェックがされてなかったこと自体が驚きだ。 公共交通機関として関係法令を熟知していないのと、所管官庁と密接な連携が出来ていないのも問題だ。広告だから良いようなものの、運行管理や安全管理に属するものであれば重大な欠陥だ。他の交通機関は条例に則った広告を実施しているのだから、他の交通機関の広告と比較して都や条例を批判するのは筋違いだ。また条例に則り広告面積を減らし許可申請をすることで、特別車両は継続することが出来たはずなのに、その中止を決めたのは小田急の判断であり東京都では無い。 気になるのは小田急の対応の方で、なぜ、該当部分の修正→再申請でなく、ラッピング自体をやめてしまったのかが不可解である。もしかすると、条例違反はラッピングをやめる表向きの理由で、本当は、小田急の利用客からかなりクレームが上がっていたからではないのか。確か小田急沿線には高級住宅街(成城)があったと思うが、その辺から小田急本社に相当きついクレームが来て困っていた所に、タイミング良く条例違反の話になったので、これ幸いとやめたのではないか。また広告の場合は別途小田急として経費を計上する必要があるので、これ以上の経費をかけることを忌避したのではないか。

 役所仕事と非難している物を知らぬ馬鹿がいるが、ルールがあって、通報する人がいれば、取り締まる必要はなくても動かざるを得ないのが実情だ。そうでなければ、他にもルール違反を認めざるを得なくなる。条例がありそれに抵触するのであれば守るべきだ。それに異論があるなら条例を変えるように働きかける事までやってみては如何か?日本人は「自分がやってみよう。」とする意識が足りなくなっている気がする。また、自分が好きなモノ(漫画・アニメ)に対しての規制だから「気に食わない。」という視点からモノを考えるのならそれは余り良い事だとは思わない。自分の好みで社会のルールを解釈する人が増えるから、日本社会は混沌として何がルールなのか分からなくなって来ていて、場当たり的な行動や発言をする人間も出てくる。ルールとは万人の指針とするべき決まり事である。個に偏らず公を持って理解する必要がある。子供の夢がナンタラ言っているけど電車のラッピング一つ消えたぐらいで絶望するほど日本の子供は想像力が乏しいのか?そうじゃないだろう。夢は与えられるものじゃなく、自分で探すものだ。 ここで「子供が…。」と言ってるヤツは、原発の件で「子供が…。」って言ってるヤツと同等。「ダメのものはダメ!」と教えるコトが出来るのが、本当の大人。物事を理性で判断出来ないのは子供以下だ。 そもそも、融通を効かせろとか、子供向けだから、とか言う論理は、死刑制度があるのにそれを自分の思想・心情で執行しない法務大臣の理屈と根っこは同じことになってしまう。

 ・・・結局は小田急の落ち度ということであきらめるしかないと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F-Trainはただちに運行を中止すべき 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる