海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇佐美は日本代表の恥

<<   作成日時 : 2011/09/02 00:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 ただちに帰国せよ。


 日本と全く変わらない雑なプレーだった。 技術云々ではなく、「チームのための走り」が変わってない。日本だったら、周りが黙ってフォローしてくれてたかもしれないが、ドイツでは、宇佐美は、どんなに期待されても、実績0の新人。 映像を見てる限り、Jの時と意識が変わってもない。 ビッグマウスでもなんでもいいが、やらないような選手に信頼感は生まれない。開幕戦を落としているバイエルンにとって是が非でも勝ちたい試合で点を取るためにトーマス・ミュラーに代わって途中出場したのに交代を告げられる有様。最後交代する時のピンチの時は、キーパーとDFに怒鳴られていた。攻撃もほとんど左サイドからで、宇佐美の右サイドへボール来ても、トラップミスとファウル連発で、右からの攻撃がなかった。正直見ていられなかった。点を取る意識,勝利への執念がもっとほしい。試合に勝つためのプレーじなくて,攻撃センスをアピールしようとしているだけでは小,中学生レベルだ。

 ほろ苦いどころか「お前やる気あるのか?」と眼前で罵倒されても仕方がない内容だった。デビュー戦から軽率なプレーをしてるようではダメだ。チームに合流して間もない、まだ若い、コミュニケーション不足と最初からうまくいかない要素が多くあったのは事実で、仕方がないのだけど、ディフェンスでもオフェンスでもボール見てちんたら歩いているだけであの運動量の低さにはガッカリさせられた。だからこそ、それをカバーするだけの意識の高さや頑張りが求められていたはずなのに、それすら満足に出せずに自陣でボールを奪われるような軽率なプレーをしているようでは、本当にもう出番は来ない可能性が高い。ビッグクラブは世界的に実績のある選手だって簡単に干されてしまう。香川をライバル視しているみたいだが、状況判断もできないようではとてもじゃないが海外組の中では1枚も2枚も格下だ。

 宇佐美のサッカー能力というより、コミュニケーション能力の低さがこういう状況を作ってしまったのかもしれない。その最たる光景がゴール後、テレビ映像からは宇佐美は喜びの輪の中には入っていない。新加入選手でも長友がインテルに移籍した時は、真っ先に得点を上げた選手の元に駆け寄っていた。こういうコミュニケーション力というかチームに入って行けることも能力の一つだ。些細なことかもしれないが、意識改革しないと、練習でもパスが回ってこなくなる。お義理でも回してくれるJリーグと異なり、海外の方があからさまにそういう選手にはパスしない。宇佐美はもともと自信家で、長友みたいな穏和な性格ではないけど、同じ我の強いタイプならば大久保嘉人の方が良くも悪しくも海外では溶け込めると思う。サポーターの目は肥え、求めるものが高くなる一方で、浮かれ過ぎるのも良くないと思う。

 冷静に見たときに、今シーズンレギュラーとしてプレーできる保証があるのは香川と本田と吉田とカレンぐらいで、長谷部や長友でも安心はできない。内田に関しては事前に懸念されたとおり、その状況判断能力の鈍さから今では完全にポジションを失っている。槙野や矢野なんかはほぼ戦力外みたいな扱いだし、単純に海外組が増えたからといって、今の日本の本当のレベルを見失ってはいけないと思う。もっとも昨日について言えば代表に招集されていた香川も本田も、最低の出来だったし、阿部なんかも、前半だけで、出来が悪いから下げられていた。同じブンデスリーガのハンブルガーSVにいる、日韓戦に欠場した韓国代表FWソン・フンミンが本日ゴールしている事を考慮すると、なおさら痛感させられる。こんな状態が続くと、過密日程や長距離移動による疲労の蓄積で選手のパフォーマンスが更に低下するのは必至だ。レギュラーだった選手も、かつての中田や小野や中村のようにその座をはく奪される日本人選手が続出するだろう。

 …中田や小野や中村が海外でやってた頃の方が凄かったよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇佐美は日本代表の恥 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる