海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS バティスタ監督は即時辞任せよ

<<   作成日時 : 2011/07/12 05:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 開催国でここまで点が取れないのは恥。


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110709-00000017-spnannex-socc

 まぁ、あの内容で地元開催では、罵声もしかたない。とにかく無策。あまりに無為無策。マラドーナ前監督と同等かそれ以下。あの戦力で、どうやったら勝てないのかわからない。メンバーを見れば監督の能力の問題であることは明白だ。バティスタ監督は確実に大会後にクビだ。メッシ中心をあまりに意識し過ぎている。バルセロナを真似ようとしても、中盤の選手起用が全く違う。何がしたいのか、傍目に見ても判らないし、メッシにゲームメイクも任せるのは代表では負担が大き過ぎる。メッシはフィニッシャーに専念させてパストーレを軸にチームを作った方がいい気がする。メッシが世界最高の選手であることを認めた上で、個人的には、メッシに代表で「10番」の役割を求めるのは無理があると思う。個人的にはメッシをみたいが、メッシを外した方がアルゼンチンは強くなると真面目にそう思う。マラドーナの言動の影響力を考えたら「パストーレを使うべき」って発言は止めた方が良かったかもしれない。バティスタ監督も考えていたかもしれないけど、「言われちゃったから」などと意地になって使わないかもしれない。今の世論の流れは監督よりもメッシに批判が集中してるみたいだから、監督としては、なりふり構わず勝ちに行こうとは考えないだろうし、勝利よりも自分の面子を優先するだろう。フォーメーションは違うが、マラドーナ前監督がメッシを低い位置で使って同じ事に陥ったのと大して変わらない。チームにフィットしなきゃ「無用の長物」だし、結局は適材適所という事だ。

 確かにメッシは良くないがテベスもカンビアッソもバネガもみんな良くないしチーム全体が機能してない。メッシが決定的チャンスを外しまくったとかならメッシのせいというのもわかるが、メッシの決定的なパスをラベッシが普通に決めていればナイスアシストだったし、早い時間だっただけにチームの流れは変わったと思う。アグエロへのパスもアグエロがトラップミスしなければ決定的だった。実際アグエロは天を仰いでいた。FW陣も問題あるがDF陣の方がよっぽど深刻だと思う。攻撃参加しない左SB、ビルドアップ出来ずに決定的ミスを犯す両CB、守備が遅れてスペースを突くかれまくる右SB、ミスパスと不用意なタックルを繰り返すボランチではどうしようもない。1対0(GKすらいない)でがら空きのゴールをわざと外すかのようなシュートを打ってくれたコロンビア攻撃陣の未熟さに感謝するべきだろう。特に前半のミリート、後半のブルディッソのパスミスは有り得ないレベルだ。そもそも今のアルゼンチン代表にリケルメクラスのパサーなんかいない。リケルメの精度のパスがあるかは判らないが、何でパストーレを使わないのか。パレルモでのパストーレのパフォーマンスは、「リケルメやアイマールの後継者は彼しかいない」と思わせるものだった。パストーレは典型的な司令塔タイプの選手だとは思えないが、使ってみるべきだと思う。今回パストーレが招集され、ようやくこの豪華な前線が活かされる!と期待していたのだが、活躍するどころか使われてすらいない有様。パストーレやイグアインを使わないというのもそうだが、この監督は何がしたいのかよく分からない。

 メッシを使いこなせる中盤がいないので、メッシ自身が下がって取りに行くため、中盤での攻撃体制作りからゴール前までを1人で構成しようとする。そうするとメッシの移動走行距離が長くなり、メッシらしいドリブルでの抜け出しからシュートっていう形ができない。アイマール、リケルメ、ベロンといったベテラン勢が誰もいない中盤で、ゲームを作れる人がいないから、メッシもアグエロも活きてこない。メッシ1人で何でもかんでもやれたら苦労はしない。メッシ、メッシと言うわりには、メッシを生かす布陣じゃない。厳しいパスを足元に通し続けてれば1本くらい決められると思うけど、MFがバネガとマスチェラーノとカンビアッソみたいな雑魚ばかりではパスは出てこないし、点は取れない。そもそもこいつらは全員レジスタだろう。攻撃に関してみるとひどい人選だ。たとえ中盤でもっとタメを作れたとしても、FWにボールが渡った時点で、3トップはもっと効率的に動かなくてはならない、メッシを活かすのであればテベスとラベッシ、またはディマリアとアグエロの動きが重要になる。結局南アフリカ大会から何も変わってない。あの時もマラドーナ前監督がベロンを外してから攻撃陣が機能しなくなった。レシーバーのメッシをトップ下起用・中盤の中央へ置いてる役割・配置ミスだ。選手の意識や特性、そして能力も違うのに、バルセロナを模倣すればメッシを活かして勝てるなどとでも思っているのだろうか?システムだけ模倣しても無意味だということに早く気付いて欲しい。逆にコロンビアはしっかりと組織的な守備からのカウンターで、狙い通りのサッカーができていたように思える。

 代表で機能していない、本領を発揮できていない選手という話ではメッシ以上にテヴェスに問題があると思う。デビューから7年、60試合以上に出場していてわずか13ゴール(W杯でわずかに3点)というのはちょっと厳しい。ブラジルや欧州勢(スペイン等)に向こう張って対抗するにはせめて3試合1得点ペースぐらいで得点を量産してくれないと。国内ではメッシ以上に人気のある選手だし、得点以外の貢献があるのは判るが、テヴェスがサイドに張ってボールを持っても、スピードは無いし、相手に当てるわで見ててイライラする。左サイドからカットインしてシュートを打とうとしても無理だ。動き回るテベスが基本左に張っているのは相手守備陣からしたら読みやすくてむしろ楽。ディマリアをサイドにおいて中央に持っていってポストプレーをしたり、動き回ってスペースを狙ったりサイドに流れたりしたほうが相手守備陣も嫌がるだろう。サネッティがガンガン前線に上がっている時点でチームとして破綻している。チームの攻撃が十分に機能していたら、サネッティはあんなに前がかりになる必要がない。開催国アルゼンチンがグループリーグ敗退なんてしたら暴動が起こる・・・といいたいところだが、アルゼンチンはコスタリカに勝てば勝ち点5でコスタリカを上回って他は無条件で2位以上となりグループリーグ突破になる。引き分けだと勝ち点3でコロンビア、コスタリカよりも下になり3位になるが、この時には他グループの3位と比較して成績が一番下でなければグループリーグは突破できる。そもそも12→8に減らすためのグループリーグなので、他の大会と比べて突破の条件はかなり甘い。グループリーグ最終戦はスカっとした勝ち方をして、突破したいところ。ボリビアが次を勝つと、得失点差の可能性もあるから、できるだけ多く点を取りたい。
 
 この代表のメンバーだったらアルゼンチンはカウンターサッカーのほうがふさわしいんじゃないかといつも思う。ボールを持つのが基本的に下手なんだから最初から自陣に引いて相手にポゼッションさせて、自陣深くまで相手おびき寄せてボールを奪った瞬間、即攻でカウンターを仕掛けた方がよい。スピードがあってドリブルのうまい選手が多いんだからこのほうがチーム戦術としてうまくいくし、何よりも何を狙ってるか判らないアルゼンチンチームの中に一つの狙いができるからチームがまとまる。実際ボリビア、コロンビアとの試合でも相手からボール奪ったときのアルゼンチンの攻めのほうが、ボールを回して組み立てるよりはるかに脅威となっていた。後述するようにテヴェスとメッシを縦の関係にすればもっとうまくいくと思う。この際4−3−2−1に思い切ってしてみたらどうか?デベスが天辺で左にディマリア、中にメッシ、右にアグエロorラベッシでよい。メッシが右に流れてもいいし。4トップみたいなイメージだ。テヴェスが前ならボールも収まるからメッシもガンガン前に行けるし、何よりメッシは前を向いてボールを持たせるのがいいから、もう1列後ろのトップ下の方が望ましい。ポストプレー、タメを作る動き、つぶれ役が必要だ。または3ー5ー2にして3バックとボランチのマスチェラーノに守らせた方がシンプルだ。対戦相手のコロンビアは、カウンターを中心にして決定機を2度3度と作っていた。

 ひとつのポジションだけでなく全体的に手駒が足りていない気がする。いくらビッグクラブ所属とはいえ何年もベンチ生活のガゴやミリート弟がメンバー入りした挙句、いきなりスタメン出場。得点が絶対に必要なときに使って良い選手ではない。インテルではもう5年ほどMF起用がメインのサネッティがSBのレギュラーという有様。未だに彼等以上の選手がいないのか、いても監督の好みに合わないのか、どっちにしろあまりポジティブな選択ではない。点が取れないならFWを4人も置くとか本当に馬鹿な監督だと思う。まだ個の力を発揮できる戦術を上手くこなせるマラドーナ前監督の方がマシだ。リケルメは遅いからメッシと合わないからいらない、リケルメのせいでメッシの良さがそがれてる、とか言い続けて外した結果がこれなのか。メッシ自身がいくらすばやくても、ボールが動かなくなったから、リケルメが居た時よりもチームとしてのプレースピードはむしろ遅い。マラドーナ前監督就任の時にも思ったのだが、アルゼンチンはなぜ実績のある監督を雇わないのか。金銭面でしんどいのかもしれないが、アルゼンチンの代表監督ならなりたいという人間はいるだろう。アルゼンチンはそろそろ国粋主義を捨てて、アルゼンチン人以外の代表監督を置いたらいいと思う。タレントはいるのにチームとしてはコンセプトがなく、勿体ない限り。はっきり言ってバティスタは五輪の監督をしていたときもイマイチだった。あの時にはリケルメのゲームメイク力があったから優勝出来たと思う。バティスタがやり方は変えないなんて試合前に言ってたのを考えるともっと危機感を持って欲しいと思う。これは選手でなく監督の問題だからだ。あえて擁護すれば、練習期間が短い即席チームという特異性のある「代表監督」は非常に難しい職業であるのは確かだけれど。

・ラベッシ外してパストーレを投入
・スペース作るのうまい、ポストうまい、裏に抜けるのがうまいミリートは1トップ
・すぐサイドに展開しないでもっと縦パスを前線に入れて相手DF陣を上下に揺さぶる
・メッシは下がらずに前のスペースを動き回る
・サイドはSBをもっと上がらせて連携で突き崩す

 ・・・とりあえずアホの素人でも思いつくこのくらいのことはしてくれ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バティスタ監督は即時辞任せよ 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる