海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 家本審判は即時罷免すべき

<<   作成日時 : 2011/06/17 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 試合を作るのも審判の仕事。


 何度問題を起こせば気が済むんだろう。しかも判定が問題になるのはどの審判でもあることだが、暴言とは呆れる。2本目のPKは清水の選手が手で山形の選手のユニフォームを掴んで引っ張って倒したから妥当だったとはいえ、1本目はエリア外かどうかの微妙な場所だったし、3本目は何故PKなのか分からない明らかに帳尻合わせの意図を持ったPKだった。前節のさいたまダービーでも帳尻合わせのPKがあったし、この人がジャッジングするとPKがしょっちゅう出るという印象が強い。PKってのは帳尻合わせに与えるものではないし、審判の意思で得点機会を与えるような事があってはならない。一般論として、審判が選手から敬意を持たれるようなジャッジをしようと思うなら、まず、審判が選手に対して敬意をもたなければならない。審判のプライドも大事だろうが、それも選手や監督、ファンからの尊敬があってこそ。プロサッカーのJリーグの公式試合で、ゲームを取り仕切る主審が選手に言い返すような、選手を卑下するような態度ではお互いにリスペクトできるわけがない。

 それにしても、審判ごとに傾向、特長が違うとはいえ1試合で3度もPKを与えるとはどういうことなのか。サッカーは1点の重みが違うし、PKが多いと審判がゲームの主役になってしまい、試合が壊れる。しかも日本人の審判はゲームをコントロールすることよりも、裁こうとする意識が強すぎる。だから審判が主役になることも多い。以前、家本審判の手記である「主審告白」を読んだけど、彼の発言はとりとめがない。言いっ放しというか、話し出したら止まらないというか。何故?どうして?という問いかけは全くなく、自分が思っていることだけを延々と語っていた。今度は「主審失格」というタイトルで本を出せばいい。選手やチームは、ゲームの主審を選ぶことが出来ない。それなら、選手から敬意をもたれるような公正なジャッジが出来るような人間を、Jリーグは主審に選出すべきではないのか。後味の悪い荒れた試合の原因の一つが主審の言行動や審判の拙劣さにあるとするのなら、Jリーグとして何らかの処分をすることは避けられない。

 それからサッカーのプロ選手が、主審に平気で抗議することも問題だ。ジャッジに対して、終わった後に「なんで?」とか聞くのはプロではない。そもそも選手は試合中に審判に文句&抗議をする行為は禁止されているはず。プロ選手は審判に対してリスペクトはしなくてもいいのか?試合後の抗議をクラブチームとして協会に出す前にマスコミにリークするのは最低の行為だ。それを待ってましたと言わんばかりに記事にするマスコミとファンのバッシング。PKの判断等は線審にも判定責任がある。抗議するのであれば、家本主審個人ではなく当日の審判団全員にすべきだろう。例の再研修からこっち、問題らしい問題は起こさずに来ていた。彼より試合での出来が悪い審判が柏原・佐藤・東城・村上・松尾・松村などなど少なくないほどにさえなっている。両チームのサポーターや観客は、入場料や交通費を出して、試合会場に足を運んでいることを、Jリーグの関係者は決して忘れてはならない。無事に終わっても評価されるでもなく、何かあると問題視される。サッカーの審判は、報われない職業だと思う。

 ・・・言った言わないの水掛け論に無理やり結論を出すと禍根が残る。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家本審判は即時罷免すべき 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる