海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 海洋教育が必要な事例

<<   作成日時 : 2011/05/04 01:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、間違いを論破しますか。

 >「わあーうみがやってくる!」それを聞いた母親が言いました「あれはね、海じゃなくて波がやってくるのよ」。はい、この話で、あなたは子供と母親の表現、どちらが的確だと思いますか?

 どちらも間違い。海洋では「流れ」が重要だから。海岸における流動現象は、海洋構造物の設計、海岸環境の動態、漂砂による海底地形の変形に多大な影響を与える。また、海岸における高潮・津波による自然災害を軽減する上でも海岸における現象の理解は必要不可欠。1.海の波の物理 2.海の中の流れ(海流・潮流・海浜流) 3.渚の水理学 4.海岸をいかに守るか−波・流れ・砂移動の制御 5.沿岸域の環境問題(概論・閉鎖性水域の環境問題・沿岸浅水域生態系の環境保全) 6.地域環境問題、と海流一つでもこれだけ関わってくる。

 海岸・海洋には、水理学で扱う開水路や管路(水道管とか下水管)の流れとは大きく異なった特徴を持つ諸現象が存在する。その最たるものが「風波」「うねり」「潮汐」「津波」などといった様々な波動現象の存在である。さらに、海の中には「海流」や「潮流」「吹送流」「海浜流」といった様々な流れが存在し、海岸・海洋の流体運動をバラエティー豊かなものにしている。これらはいずれも、重力や圧力勾配によって駆動される単純な一方向流れである上記の開水路や管路の流れと比べると、その力学構造がそれぞれ大きく異なる現象である。よって、

>より豊かな想像力を持った表現やパフォーマンスでその暴力性を淘汰していくしかないの。

 というのは間違いを素通りして子供にウソを教え込んでいるクソ馬鹿な親認定。暴力どころか間違った知識を教えて重大な海難事故を招きかねない犯罪予備軍として即刻逮捕すべき存在。お前は間違った知識を与えて子供を事故死に追いやろうとしているのだ。こういう物理現象を無視する馬鹿がいるから水死する人間が後を絶たないのだ。お前の貧相な想像力なんぞで物理現象は変わらんのだ。人を二流インテリ呼ばわりする前に少しは「想像力に名を借りた痛ましい妄想」から逃れるべく努力してみたらどうかね。曲がりなりにも人の親だというなら。ああ、マトモな回答ははなから期待はしていないよ。何せ馬鹿っぷりに仕方なく言及していたら「汲めども尽きぬ馬鹿の肥溜め」だったんだから。

 …こんな帽子の台替わりの頭しかない馬鹿な親ばかりでは日本の教育と将来が心配だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海洋教育が必要な事例 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる