海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS きな子は警察犬でなくてよい

<<   作成日時 : 2011/01/13 07:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きっと大器晩成型なのね。


 http://www.kinako-movie.jp/

 ラブラドルレトリバーのきな子は、障害物訓練で顔面から着地するなど、審査に6年連続で落ち続け、そのドジっぷりが人気を集めた日本一有名な見習い警察犬である。今年8歳で、人間に換算すると50歳という高齢だが、昨年の11月に行われた臭気選抜試験ではトップの成績で優勝するなど、能力はまだまだ現役だ。1月から、事件捜査や災害時の行方不明者捜索など、念願だった警察犬として出動することになる。

 きな子は甘ったれで集中力に欠ける性格から、なかなか上手くいかない。ただ、そのきな子の弱さは、飼い主の杏子の弱さに通じている、という演出はとても興味深かった。飼い主である人間が成長しないと、犬も成長がままならないので、「おまえという未熟な訓練士を育てるためにきな子がおる。 きな子という未熟な警察犬を育てるためにおまえがおる」と寺脇康文が言ったこのフレーズにはとても深い意味がある。映画では警察犬だけを育て、出動命令をひたすら待っているように描かれていたが、実際には警察犬訓練所とはいえ、生計のほとんどは一般のお客さんから犬を預かったり、お客さん宅まで出張して訓練を入れて生計を立てている。要するにシェパードのように訓練を入れやすい犬を訓練する事の方が稀で、訓練が必要な犬(=悪く言ってしまうと問題犬・・・)を訓練する事がほとんどであり、そのためにも人間という部分をもっと掘り下げて描かなくてはならない。犬は辛い訓練だろうが、人間のエゴで振り回されようが、主と共に生活する事(相手にしてもらえる事)が幸せなのだ。

 松竹作品の動物モノは、子供とかわいい動物を見せれば、そこそこ当たるだろうというあざとい企画がいつも見え見えなので、きな子という犬のキャラクターを全面に押し出してくるタイプの作品かと思っていたが、そんな事は全くなく、所長の娘百花を、『マリと子犬の物語』や『ウルル』と同じように豪雨の山中で遭難させて、きな子に救出に走らせる所は、また同じ手を使うのかと苦笑。番場警察犬訓練所の所長である二郎を演じた寺脇は『相棒』の刑事役を完全に払拭しようとして、バンカラな役どころを演じていたが、「刑事貴族2」以来の熱血ぶりは変わらないので、少々うんざり。単に暑苦しいだけでそのあまりに作られたキャラクターがコントみたいでせっかくの淡々とした作品の調和をかき乱してしまっていた・・・と感じた。そして、訓練学校の家族たちを、小生意気な妹の百花だけでなく、もっとフィーチャーしてもよかったと思う。特にTVで特集が組まれるほどのマスコット的存在となったきな子に群がる、世間や人間の欲深き残酷さ加減をほぼ全く見せなかったのは、作品の趣旨と違うだろうといった理由があるにしても違和感がある。

 早い話が、全体の内容は、毒にも薬にもならない。さして強調するようなシーンやエピソードがあるわけでもないので、作品の評価としてはそれほど高くはならない。どこをどうすればよかったかと言えば、「ご当地映画」なのだから、もっと香川県を強調してほしかったこと。本筋と関係ないうどん屋のエピソードが印象に残ったが浮いているだけ。「うどん」を頼むのだって「製麺所」なのだから、セルフサービスだろうに。寺脇の後ろにセルフ手順の注意書きがうつっていた。あの場面を生かすならば、「一般店」に近い作りの店でロケするべきだ。せっかくの「ご当地映画」なのにその土地に行ってみたいと思わせる撮り方をしていないのはあまりに勿体無い。うどんだけでない、香川の名物、名産をもっと出してもよかっただろうに、内容もほぼフィクションなんだからもう少し冒険してよかったんじゃないのかと思う。素材が良いのに、味付けと手順を間違えた料理のような、コメディにもなりきれない、感動の実話にもなりきれない、実に勿体無い映画で、責任を分散化した「製作委員会」というシステムが悪く作用した映画だった。

 ・・・きな子にはつくづく「別の生き方」があると思った。




きなこ~夢をおいかける犬~
小学館
百瀬 しのぶ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by きなこ~夢をおいかける犬~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
きな子は警察犬でなくてよい 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる