海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠き曙光8

<<   作成日時 : 2010/10/20 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 正しくないガラパゴス化は問題。


 http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20101018-00000000-jct-bus_all&s=created_at&o=desc

 CEATECに限らず、車のモーターショー等、日本のさまざまな企業展が縮小傾向にある。海外企業の業界参入の減少は、イコール日本市場の魅力の低さであり、日本の技術力や企業力が、世界的な意味での地位が低くなってきている、あるいは脅かされてきている証拠だろう。3Dテレビの価格下落が予想以上に進んでいて、利益を確保する思惑が外れたとあるが、小生が現場で見た限りでは各社自己完結の技術自慢製品を並べただけという印象だった。正直な話、個人的には3Dテレビには全く魅力を感じない。致命的なのが専用眼鏡と観るポジションの制約である。ソニーは、奥行き感が良く出ていたが、3Dゲームをしたり大画面で自然番組やスポーツを見たりするのでなければメリットは無い。 パナソニックとシャープは、特に凄いという感じではないが、違和感もない。家族で一家に一台というなら、シャープかパナソニックだろう。日立は、飛び出してくる映像がよく出来ていた。 情報通信研究機構は、違和感なく3Dが表現出来ていた点では一番かもしれない。 総合的に見て、違和感の無さという点で情報通信研究機構の技術を他社も見習って欲しい。それよりもS社のクアトロンが魅力だった。光の三原色の常識を覆させられた。

 出展企業が減って(去年よりは若干増えたようだけど)会場内のスカスカ感を目立たせないために展示会場はHall1〜Hall6までしか使用していないので会場内が狭くて通路も狭いので来場者の数が多くて歩きづらかった。小さなブースが集まっている所がもう人一人通るような感じ。大手の所もやはり狭い。ブースの配置にも問題がある。来場者が多く入れるためのフロア構成、ブース構成になっていない。全体的に今回の展示ホールのフロア構成は来場者が多く来た
ときに移動がしづらいしやたら疲れたから来年からは来場者が多く来ることを前提に置いてあまり来場者を疲れさせないで移動しやすいフロア構成にしてもらいたい。来年も数万単位で来場者が増えることも分かっているわけだから。Hall7〜Hall8は今年から始まったCEATEC Suiteの商談用及びセミナー会場になっているので人は少なかった。CEATEC suiteは別の場所でやってその分、展示用フロアを 広げたほうがいいのではないかと思った。
 
 最近はITゾーンよりも、デバイスゾーンの方が面白いことに気づいてきた。 毎年DoCoMoとauと村田製作所ブースが楽しみで行っていたが、 最近どの企業も横一線で代わり映えしない雰囲気にうんざり。 新商品といっても1月後にはヤマダ電気の店頭に並んでいるものだったり、高額すぎて手が出せない商品だったり・・・ 去年辺りから村田ブースの帰りに、OKIとかROHMとかいろんなブースを回ってみたけど 最近のLEDユニットやセンサってすごい。 あと置くだけで充電できるデバイスも凄い。 台湾ブースはカラフルな装飾で素敵だった。面白いと思ったのは太陽誘電にあった部品運搬のカートリッジ。最小型化してくるとこういう工夫もあるぞという新鮮さ。ただし、 デバイスゾーンもピークすぎた感がある。部品が小型化されすぎて、ただのパネル展示になっていて見ているっていうよりも読んでいるだけの感じ。置くだけ携帯充電器はどんな新技術つかってるんだろーと思ったら、電動ハブラシとかシェーバーと同じただの非接触コイルでがっかりした。

 技術が立ち遅れているのだったら海外の技術を積極的に取り入れるためにガラパゴス化を解消する必要があると思うけど、正しく技術が進んでいるのだったらガラパゴス化は逆に技術の流出を防ぐと思う。それにもかかわらず、売れないのはメーカーが考えるメディアの方向性と実際の消費者のニーズが合致して無いのが原因だろう。インターネットもテレビやセットトップボックス(STB)でやる方向性は以前から廃れているのに各メーカーは、未だにそういう製品を出し続けている。ハイビジョンですらコンテンツ不足やそれ以前に需要が低下しているのに、この上3Dテレビを投入してもそれほどのニーズがあるとは思えない。見本市だから、技術を競うのに異論はないが、その先の市場があるのかどうかを、もう一度考え直したほうが良い。細かい改善努力をたくさん積み重ねましたってだけで、特に大きなブレークスルーがあるわけじゃない。

 結局、日本のメーカーの失敗は、日本の顧客が望むものをそのまま海外の人に売ってしまったという点にある。技術者の育成など、日本のメーカーには優れたノウハウがあると思う。よく、「優秀な技術者をヘッドハンティングしている」というが、ヘッドハンティングなんてお金を出せばできる。しかし、技術者の育成といった人を育てるということはお金を出すだけではできず、長年のノウハウがモノをいうものだ。個人的にはテレビやDVD、ブルーレイなどに音声のダイナミックレンジを調整する機能が欲しい。映画の音量の上がり下がりを圧縮したいし、逆にテレビの音声は放送局が圧縮するのではなくテレビ側で選択できるようにして欲しい。家電メーカーは、このまま滅んでゆく地上波テレビ局と心中する気は無いのだろうから、放送以外のメディアでモニタを買い換えて貰える方法を模索している気がする。

 最後に、コンパニオンはショーに出るような娘はよく教育されているけど、大手ではないところや必死ではないところはほとんど教育されていない。 暇なせいもあるだろうけど、ひたすら隣のとしゃべっていて 通行人に声もかけない。アンケートの紙(ノベルティグッズ引き換え) もこちらから声をかけないと渡してくれないようなコンパニオンもいた。あまつさえ客が休憩している休憩所でコンパニオン同士で休憩していて、 「これから仕事をするのがダルイ」と客に聞こえる場所で聞こえよがしに言っているのはどうかと思う。 コンパニオンの質は教養レベルが落ちているような感じがした。マナーに関してもブースの裏側で自分の携帯をいじっている人間も目立ったし、コンパニオンもゆとり世代に突入したんだろうね。

 …真っ向勝負で勝てないのなら、得意分野を極めるしか無いかもね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
愛用の歯ブラシでキレイにみがく方法
愛用の歯ブラシが簡単に電動式に!音波の振動で簡単に歯垢を落とせます♪今だけ送料無料! ...続きを見る
愛用の歯ブラシでキレイにみがく方法
2010/11/10 13:25
電動歯ブラシ ソニックオール
愛用の歯ブラシ⇒ソニックオールで電動歯ブラシに ...続きを見る
電動歯ブラシ ソニックオール
2010/11/13 16:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遠き曙光8 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる