海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡鬼の終焉

<<   作成日時 : 2010/10/16 04:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 年寄りの妄想ドラマ。


 http://www.tbs.co.jp/oni/
 http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20101015-00000003-mantan-ent&s=created_at&o=desc

 しかし、20年もよく続いたな。主要な演者だけでも2人も亡くなって、1人は耄碌している。ある意味凄まじい作品かもしれない。TBSは「ドラマのTBS」と言われた時期があるくらい、渡鬼といい、水戸黄門や大岡越前の時代劇といい、やたら長寿ドラマが多い。年配層は安心して観られるドラマかもしれないけど、今の若い人にはお決まりのオチや淡々と日常を描かれても面白くないし、意味が判らないだろう。確か第1シリーズでは、前年のNHK大河ドラマ「春日局」(=同じく橋田壽賀子脚本)の影響で唐沢寿明や香川照之がスライド出演していた。それぞれ岡倉姉妹の四女(葉子)や五女(長子)の夫や恋人の役で、最後は離婚したり破局したりと独身男性に結婚する気をなくさせるドラマだった。まるでシェイクスピアの戯曲みたいに不自然にセリフが長すぎる(=相槌も打たない)のが特徴だ。それでも山岡久乃と藤岡琢也が出ていた頃には、物語にテーマ性があり緊張感をもって視聴することができた。演出も良かったのだと思う。確か第3シリーズの自宅改装中に師走で老夫婦が娘達の家を訪ねるがどこもいろいろあって、結局二人で公園に・・・っていうエピソードだけが強く印象に残っている。さびしくもあり滑稽でもあり二人の演技が素晴らしかった。このように当初は一緒になって悲しんだり考えさせたりさせるような要素がちりばめられていた。すべての問題がすっきり1年で解決していくあたりも、無駄にグダグダ問題を引っ張り、次のシーズンに期待を持たせる今の作り方とは異なり、実に潔い。

 だが母親役の山岡久乃が第4シリーズで降板したあたりから、実家対婚家の構図が崩れてしまい、いろいろ鼻につく演出が増えてきたし、悪い意味でマンネリ化してきた上に、第8シリーズで父親役の藤岡琢也が亡くなって以降はいよいよ見るに耐えなくなってきた(=ザ・ガードマンのときからの大根役者ぶりの宇津井健では無理)。視聴者のためというよりも、橋田壽賀子とモデルの中田喜子のライフワークのために続けていた感が否めない。ドラマだからある程度の演出は仕方ないにせよ、最近のシリーズはシナリオがめちゃくちゃ、収録時間に合わせたわざとらしい展開の連続、話の繋ぎも無理矢理つなげた感がありすぎる。たとえば嫁と姑が衝突した際に事あるごとに「嫁の育て方が悪いから云々」と非難するセリフには不快感を覚えた。そもそも子育ては嫁一人がやるものではなく、夫婦が一緒になってやるものだ。この点、「ありがとう」とか「三男三女婿一匹」とか昔のTBSのホームドラマはきちんとしていたものだ。3〜40年前のドラマの再放送なので、確かに古めかしい場面や価値観などはちらほら見受けられるが、本質的には現在にも通じる「人情」の世界で構成されており、笑いあり涙ありで、21世紀の今でも心温まる思いで見られる。これが「渡鬼」では当時であっても受け入れられないだろう。

 橋田壽賀子脚本の頂点はやはり「おんな太閤記」「おしん」あたりだったのだろう。あの頃はちゃんとドラマにお金をかけて作っていたが、今は番組制作費のコスト削減で見るも無残な存在に成り下がってしまった。結局、あの頃成功したドラマの内容をずっと引きずって来てしまった製作者側の超保守体質と、マスコミ全体の制度疲労が今まで続いてしまった原因だろう。昭和の時代ならアリだったかも知れないが、核家族や単身世帯が増えた平成の今の世にはまったく身近な問題とも思えず、世相を描くドラマとして相応しくない。上記の理由でリアリティの微塵すら感じられず、いたずらに固定観念やカビの生えたような価値観を押し付ける嫌らしさがあり、こういう家庭を元に世間や人情を論じて欲しくない。違和感を覚えた視聴者が離れていくのも無理からぬことで、もっと早く幕引きにすべきだったと思う。橋田壽賀子は、文学的な才能も読ませる力量も無いから、文学賞も取れないわけだ。向田邦子や山崎豊子、平岩弓枝の方がよっぽど面白いものを書いている。サザエさんみたいに、エンドレスで続くのかと思っていたが、石井・橋田コンビを引き継ぐ者が、とうとう現れなかったのでここでオシマイ。ちなみに登場人物で嫌いというか絶対に受け付けないのは文子、愛、加津だ。他の姑や娘はセオリーを守っておけばその範疇で動いてくれるのだが、この3名は往々にして独断で動く上に、平気で虚言を弄するので、事態が決定的に悪化した状態にならないと発覚しない。しかもその責任を本人に追及すると居直って逆ギレするという悪辣非道さ。自分が知らない事件の巻き添えを喰らわされる身にもなってほしい。

 ・・・ところで幸楽は閉店するのか?えなりかずきは大変だな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡鬼の終焉 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる