海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS フィールドワークとリスク管理

<<   作成日時 : 2009/05/31 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 読んだ瞬間「あー、アホだなぁ」と思った。あまりに腹立たしいので斬る。

 http://blogs.yahoo.co.jp/eng_cam_fld_tgs/40604337.html

 失敗しない為の心得1:バックアップ

 >とりわけ測器は補充が聞きませんので、故障時に備え、2つは持っていきます

 「〜がきく」は「聞く」じゃなくて「利く」か「効く」ね。キミの指導教官は字を教えていないのか?で、三種類の測定方法なんだけど、分けているのは同じ測器だけだと×n乗で同じ箇所が壊れている可能性が高いから。もう一つ持って行けば良いって言う簡単な話じゃないの。マニュアルの装備を持っていった観測隊の連中の方が数億倍マトモだと思うよ。

 失敗しない為の心得2:効率化

>帆船のように、テントの布を用いて、風を受けて移動する氷上そり兼ボートだとか、犬そりを用いたり出来たのではないでしょうか。

 無ぇよ。思いつきや脳内真実でモノを語るんじゃねぇ。そもそも自分でその上に「季節による状況変化が著しい場合」って書いているけど?帆船?タッキングしたり帆の向きを頻繁に変えたりしているんだけど。まさかいつも後ろから風さえ受けていれば良いなんて考えている大馬鹿野郎か?犬ぞり?この北極調査、悪天候で2回補給受けるのに失敗してビバークしていたようなんだけど、お前さんの言説だと「移動の効率化」のためには強行軍で動かないといけないな。

 移動し続けていると航空機が探さなけりゃならないだろ?どうやって補給を受けるんだ?空中投下なんかしたら広範囲に撒き散らされて余計に回収に手間取るぞ。無理な行動が一番破綻しやすい原因(行動に余裕を持たせられない)なんだけど?観測隊員や犬の生命はどうでもよいと?「コシヌケども」呼ばわりするクソガキ風情が「極論だ」なんて抜かすなよ?当事者に対して失礼だから。

>是非とも成功させて欲しかったと、見ていて歯がゆく感じました。

 あーのな。「限界を知るのも一つの成果」と考えられずに、「無理な目的達成」「移動の効率化」のために強行軍で動いて遭難した場合、アホを救助に向かうのは誰だと思う?リスク管理ぐらい理解しろやヴォケ。こちとら危機管理の本職だで。血の気の多い馬鹿には心底呆れ果てるわ。

 ああ、このアホ院生他の場所にも書いているわ。
 http://ptrboundary.at.webry.info/200905/article_5.html

>脱水症状
>このコシヌケどもめ!

 勇壮果敢(=無謀)で誠に結構。脱水症状?水貯めて飲めよ(嘲笑)。あたしみたいに3日で帰れるはずが、ゲリラの捕虜になって2ヶ月も原野をさまよい歩いたのかい?頭に拳銃突きつけられながら相手と交渉したことはあるのかい?安全な場所でいい加減なこと言う奴が一番腹立たしいんだけど。蛮勇と勇気の区別も付かない血中鉄分で生きているアホは他人に迷惑のかからない場所でくたばってくれると大変ありがたい。最近はこんな脳みそ筋肉クンでも大学院に進学できるのかい?

 …いつから日本の大学院は「大日本帝国陸軍参謀本部(=アホの代名詞)」になったのかね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィールドワークとリスク管理 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる