海を往く者

アクセスカウンタ

zoom RSS PULは再構築すべき

<<   作成日時 : 2009/05/27 04:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 おーい。会場内に6人も今の委員会の委員が居るよ。幹事会開催した方が良いんじゃないのか…orz

 Port City University Leagueの略で「みなとまち大学リーグ」という。世界の港町に位置する(海事関係に造詣の深い)大学をネットワークで結んで交流を図りましょうというものである。今回は横浜で開催され、港町の歴史にも踏み込んだことから博物館のお仕事として聴講参加した。

 海洋教育や専門の海中考古学分野にも取り組んでいるので、その活動を高く評価したいところなのだが、そうは行かない。どうも大学間交流が提携校(より正確には卒業生や現教員の研修先など、過去に付き合いのあった大学)に限られており、例えば、日本の神戸大学や本国のPlymouth Univ.などの海事関係に強い大学は対象になっていない。また北米地区もカナダの1校だけで米国内の大学やシンガポール、マレーシア工科大学などとはやはり関係が無い。つまり選定に偏りが生じている。

 さらに船舶海洋工学系が主体のため、造船屋が主体になっており、ひたすら船の話ばかりで、港湾を議論(または交流)対象の主軸にするのであれば、理系なら港湾土木、文系なら博物館や港湾経済などといった要素もあってしかるべきなのだが、これまた「取って付けました」という添え物的な印象がどうにも拭えない。有り体に言えば「港湾都市大学としての繋がりを何に生かすのか?」というビジョンがまるで見えないのである。これなら先日別の場所で開催された「横浜開港の世界史的意義(何で日本は欧米列強の進出時に乗っ取られずに済んだのか?)」の方が議論の切り口としては数倍面白い。

 …上海万博やY150の宣伝を何で大学レベルの学際会合でやる必要があるのかねぇ?A先生、ナントカしてくださいよw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PULは再構築すべき 海を往く者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる